TOPICS トピックス
イベント情報

【VALORANT JUEG 大学対抗戦 9月大会】潜入レポ

9月12日(土)、「VALORANT JUEG 大学対抗戦 9月大会」が開催されました。

今回、特別に本大会の運営に潜り込ませていただいたので、その模様をいち早くレポートしていきます!

大会概要

RIOT GAMESが開発、運営するキャラクターベースの 5vs5 タクティカルシューター「VALORANT」をタイトルに迎えた、日本学生esports協会の公式大会。

【大会日時】
2020.09.12
1回戦 13:00~ 配信(3位決定戦・決勝)19:15~
【開催形式】
オンライン大会
3位決定戦・決勝をMildomにて配信
【大会形式】
5vs5のシングルエリミネーションのBO1
【エントリー開始日】
2020.09.04
※枠が埋まり次第終了。
【参加費】
無料
【賞金】
総額 ¥60,000
優勝 ¥30,000 2位 ¥20,000 3位 ¥10,000

VALORANTとは…

VALORANTとは、5vs5で攻撃側と防衛側に分かれて戦う、チーム戦のFPSです。
それぞれのキャラクターの特集能力を駆使し、お互いに連携しながら勝利を目指します。
ゲームは1ラウンドごとに勝敗が決まり、13ラウンドを先取したチームが勝利。
ざっくりとだけ勝利条件をご説明しますと、攻撃側は、相手を全滅させるかスパイク(爆弾)を設置・起爆できれは勝利。
反対に防衛側は、相手を全滅させるかスパイク(爆弾)を解除するかで勝利となります。
厳密にはもう少し細かい条件がございますので、気になる方は公式HP等でチェックしてみて下さい!

既に白熱している競技シーン

今年4月7日、欧米を含む一部地域でクローズドベータテストが開始されて以来、eスポーツ界隈を賑わせてきたVALORANT。
6月2日の正式リリース以降は、国内外問わず、強豪FPSプレイヤー・チームが続々とVALORANTへの参加を表明。
競技シーンを盛り上げてきました。
そして、プロシーンに勝るとも劣らない盛り上がりを見せているアマチュアシーン。5vs5のチーム戦・13本先取と、なかなか気軽に大会参加のしにくい中、7月には20本以上のアマチュア大会が開かれていたとか。
その大会の出場者のレベルも非常に高く、ダイヤモンドランク(上位3~8%程度)のプレイヤーはざらで、イモータルランク(上位3%以内)もゴロゴロ…。
他のタイトルのアマチュア大会に比べると出場者のレベルが非常に高く、「セミプロ大会」と称しても語弊がないほどです。

シリーズ大会

そんな中開催されているのが、日本学生esports協会主催の「VALORANT JUEG 大学対抗戦」。
この大会はアマチュアの大会には珍しく、シリーズ大会となっており、毎月開催される大会の順位に応じて勲章(ポイント)が授与され、最終的に、「年間最優秀プレイヤー」を決定し、勲章を多く獲得したプレイヤー同士でのエキシビジョンマッチも開催予定です。
アマチュアプレイヤーが継続的に競える場があることで、VALORANTの競技シーン、そして、eスポーツ市場が更に盛り上がっていくことでしょう!
ちなみに、今回の9月大会は、シリーズ第3回目となる大会でした。

獲得した勲章は集計され、日本学生 esports 協会 HPに掲載される

アマチュア大会の枠を超えたクオリティ

アマチュア大会ながら、賞金総額が6万円という本大会。
生放送のキャスティングも豪華絢爛!
実況はTokyo Game Showや神田明神CUPでおなじみ、esportsキャスターの吉﨑智宏さん。
解説にはG-STAR GAMINGのアシスタントプロデューサーでグラビアアイドルの野々宮ミカさんをお迎えしました!
このお二人に実況・解説をしていただける4枠を争い、12日13時より、熱い戦いが繰り広げられました。

また、配信コンテンツも一流でした。
細部まで作りこまれたクリエイティブ、アマチュアチーム同士の戦いを飽きさせず視聴させるための勝敗予想、1ラウンドごとのリプレイ、などなど。
ここに実況・解説のお二人の腕と、出場者のプレイスキルとが加わり、非常に楽しい配信でした。
プロの大会と何ら遜色なかったです!

左:実況の吉﨑智宏さん 右:解説の野々宮ミカさん
予選の試合結果等を元に算出された勝敗予想

さて、そろそろ、試合のリポートをして参りますね!

3位決定戦

3位決定戦のカードは、学生連合VS関西学院大学・新月(以下、新月)。
協会が独自に作成した勝敗予想では、学生連合が68%の確率で勝つとのことでした。
学生連合はフェニックス、ソーヴァ、ジェット、レイナ、ブリムストーン、新月はソーヴァ、レイナ、サイファー、フェニックス、オーメンという構成。
最近、セージなしのパーティーが増えていると感じるのは筆者だけでしょうか。

マップはアセント、ディフェンスは学生連合、アタックが新月でスタート。
1ラウンド目からミッドでの壮絶な争いが繰り広げられ、ピストルラウンドはディフェンス・学生連合が取得。
その後は、両者一歩も譲らぬ展開でラウンド取得数5対5まで進行。
アタックの新月は、うち4本をスパイクの起爆で取得しました。
しかしこの後、均衡が破れます。
前半を学生連合5 vs 7新月で折り返すと、ディフェンスになった新月がリードを広げ、6 vs 12 でマッチポイントに。
ディフェンス側が有利と言われるVALORANT、このまま新月が逃げ切るかと誰もが思ったこの瞬間、学生連合の反撃が始まりました。
なんと、5本連続で取得し、11 vs 12まで追い上げます。
同点に並びオーバータイムに突入するか!?というところまで来ましたが、怒涛の追い上げ虚しく、24ラウンド目は新月が取得し、13本先取。
3位決定戦は新月の勝利となりました。
3位決定戦のMKP(モストキルプレイヤー)は、学生連合のsh3rry4n選手で、25キルでした。

第12ラウンド、新月がPERFECTで勝利し前半を折り返す。

決勝

決勝戦のカードは、千葉工業大学CIT(以下CIT) vs 東京都市大学Fact’s(以下Fact’s)。
CITはこの大会の決勝常連で、7月大会では2位、8月大会では1位に輝いています。この過去の戦績もあってか、協会の勝敗予想では、81%の確率でCITが勝利するとのこと。

マップはヘイブン、ディフェンスがCIT、アタックがFact’sにて決勝戦の幕が開きました。
パーティー構成は、CITがオーメン、ブリーチ、サイファー、キルジョイ、レイナ、Fact’sがサイファー、オーメン、ジェット、レイズ、ブリーチ。
ピストルラウンドでは、Fact’sが一度はA側に攻め込みましたが、引き返してCへ侵入、そのままスパイクを設置。
CITは果敢にリテイクを試み、Fact’sを全滅させますがスパイク解除が間に合わず、1本目はFact’sが先取。
その後もFact’sはkawasemi00選手がクアトロキルをするなど、圧倒的な火力を見せ続けました。
3 vs 12で迎えた16ラウンド目、ディフェンスのFact’sはラッシュといっても過言ではないアグレッシブな展開をし、このラウンドをパーフェクトで取得。
3 vs 13でCITを下し、VALORANT JUEG 大学対抗戦 9月大会の王者となりました。

試合後Fact’sは、「チームで日々練習してきたことを、本番に力として出せたので優勝することができました。
これからもプレイスキルを向上させていきたいと思います。」と語ってくれました。なんとも謙虚なコメント!
また、惜しくも2位となったCITには、是非次回大会でリベンジしてほしいですね!

第16ラウンド、ディフェンス側のFact’sがラッシュで攻め込み、PERFECTで13本目を獲得。

主催

本大会の主催は、日本学生esports協会/Gameic。
設立からわずか半年と歴史の浅い団体ですが、認証団体の数は、大学生を中心に100を超え、アマチュア大会を月に3本も開催しています。
タイトルは、VARORANT、クラッシュ・ロワイヤル、大乱闘スマッシュブラザーズ、荒野行動、などなど。認証団体も精力的に活動しており、8月には認証団体が5本もの大会を開催しています。

日本学生esports協会は、「esportsと生きる時代へ」をビジョンに、日本のeスポーツシーンを若い世代から盛り上げていき、eスポーツを通じて国内で新たなエンターテイメントや雇用、機会の創出をすることを目的として活動しています。
チャリティー大会の主催やeスポーツコミュニティの運営などを行い、eスポーツの楽しさや素晴らしさを発信すると共に、プレイヤーが心地良くeスポーツをプレイ出来る環境の整備を行なっております。

アマチュアプレイヤーのポートフォリオ

SELeCTは、eスポーツに関わりたい個人と企業が繋がるプラットフォームです。
そのため、様々なプレイヤーがそれぞれの実績を掲載し、日々アピールをしております。
その中で一部のプレイヤーから、「入賞実績を掲載したい」との声をいただいておりました。
SELeCTは、この声にお応えする第一弾企画として、日本学生esports協会主催の大会、並びに日本学生esports協会の公認大会で発行された勲章を、プレイヤープロフィールに掲載させていただきます。

eスポーツの大会、特にアマチュア大会では、規模やルール等が大会によってまちまちで、プレイヤー側から見ても「どこまでがコミュニティでの結果で、どこからが対外的な実績として認められるのだろう」という疑問があり、頭を抱えてしまいます。
そんなプレイヤーの一助になればと考え、今回、このような機能を実装いたします。

日本学生esports協会の主催大会・公認大会のタイトルは、VALORANT、クラッシュ・ロワイヤル、フォートナイト、Apex Legends、PUBG Mobile、荒野行動、などなど、多岐に渡ります。
皆さんも大会に入賞して勲章を獲得し、企業にアピールしちゃいましょう!