TOPICS トピックス
SELeCTニュース

日本最大級eスポーツ施設REDEEに行ってみた

はじめに

REDEEとは大阪府吹田市にある、子供たちがゲームの体験を通じて広範な知識・スキルを獲得するための日本最大級eスポーツ施設です。
ちゅきはずっと行きたいと思っていた施設だった為、今回の取材が決定してから楽しみで仕方がなかったです。
何度か電車を乗り継いで万博記念公園駅に到着!
数年前にREDEEのあるEXPOCITYには来たことがあるのですが、やはりコロナの影響でいつもより人は少ないように思えました。

早速、潜入したいと思います。
入口入ってすぐにコロナ感染防止対策のとりくみについての注意書きと消毒がありました。
先を進みスタッフさんに検温していただき、入場となります。
しっかりとコロナ対策をとられているので安心です。

REDEE 2階フロア紹介

プログラミング学習エリア

まずは2階フロアから。
プログラミング学習エリアではプログラミングの仕組みを学ぶことができます。1時間に1回、30分のプログラミング講座が行われており、どなたでも受講できます。
ゲームを自分で作ってみたい!というお子さんに大人気なコーナーだそう。

中はこのようになっています。
隣との間にしっかりアクリル板が設置されています。
同時に22名まで学ぶことができます。

お次はプログラミング体験エリアです。
LEGOを使ってプログラミングを体験できます。
LEGOで遊ぶだけで楽しいのにその遊んでできたものを動かすことができます。

ドローン体験エリア

こちらはドローン体験エリアです。
飛行型ドローンや陸上型ドローンを自由に動かす体験ができます。こちらもお子様に大人気なエリアだそうです。

また、土日にはここで体験した後1階フロアで陸上型ドローンを走らせることが出来るイベントが行われています。
スピードも速く、障害物にぶつかったり追い抜いたり…かなりの迫力。
実際にドローンを操作しなくても観ているだけで楽しかったです。

超没入型VR体験エリア

ここはちゅきが一番楽しかった、超没入型VR体験エリアです!
日本ではここだけでしか導入されていないVRを体験できます。
「ちゅきさんも体験してみませんか?」とスタッフさん。
…実はVRをしたことがなくかなり緊張。
「とっても楽しいので!」と言われ実際に体験させていただきました。
結論、、、とんでもなく楽しいです!
解像度が高く本当に空を飛んでいるかのような感覚。
体を動かすので足元が少しふらついたりと実際に映像の中の世界をさ迷っているような感覚になりました。
ゲームオーバーになってしまったものの「ちゅきさん才能ありますよ!」と言われ喜んでいると軽々隣の男の子がクリアしていました。

大画面ゲーム動画視聴エリア(サブシアター)

画像出典:REDEE公式サイト

大画面ゲーム動画視聴エリアもあります。
こちらは来場者の携帯電話やタブレットを繋いで動画を視聴することができます。
座り心地の良い座席が70席あり、小さな映画館のようでした。

ガレリアラウンジPC体験エリア

2階フロア最後に紹介するのはガレリアラウンジ PC体験エリアです。
こちらではハイスペックなゲーミングPCで様々なゲームをプレイすることができます。
ゲーミングチェアやキーボード、ヘッドセットが完備されているのでゲーマーには最高の環境。
8月はこのエリアを使ってLoLの大会が開催されたそうです。
お子様の隣で親もプレイしている、といったファミリーが多く見られました。

REDEE 1階フロア紹介

実況者体験エリア

1階に降りてまずご紹介するのは実況者体験エリアです。
ゲームのプレイ動画を見ながら実況をする体験ができます。
撮影した動画は持って帰ることもできます。
一緒に来館できなかった家族や遠く離れたおじいちゃんやおばあちゃんに見せることもできるいいサービスだなと感じました。

YouTuber体験エリア

次に訪れたのはYouTuber体験エリア。
ここでは自分で動画を撮影して、なんと編集まで出来ます。
出来上がった動画はYouTube等SNSでの投稿もOKだそうです。
機材も揃っているうえスタッフさんが優しく教えてくれるのでYouTubeデビューをしたい方や、憧れのYouTuberのような動画を撮りたい!って方にとってもオススメです!

撮影に使う小道具やお菓子も無料で提供されています。
「ちゅきさんこれ食べてみますか?」とジンギスカンキャラメルの試食を御提案いただきましたが丁重にお断りさせていただきました…(笑)

REDEE カフェ

 YouTuber体験エリア近くにはREDEEカフェがあります。
ゲームで疲れたらここで休憩したり、スマートフォンの充電などもできます。
そしてなんとここではお酒を飲みながら大会を観戦することもできちゃいます!

プロゲーマー体験アリーナ

最後にご紹介するのはプロゲーマー体験アリーナです!
ここでは日本最大級スクリーンが導入されているアリーナで大会出場の疑似体験ができます。
取材に訪れた日はちょうどストリートファイターVの大会が開催されており観戦させていただきました。

最初に出場者が集められスタッフさんが大会ルールを説明します。
経験者はもちろん、この日初めてストファイをするという方もエントリーされていました。
年齢層も小学生から大人まで幅広かったです。
この日用いられたのは早稲田式。
一生懸命話を聞いて理解するお子さんや慣れた様子で聞く大人…本当に様々でした。
チームはくじ引きなので初対面の方とチームを組む形になります。
大人と子供のチームもあれば子供同士頑張ろう!と意気込む可愛いチームも。

大画面にゲーム画面とプレイヤーが映し出され、プロゲーマーが大会で映されている時と同じように映し出されていて他では経験できない体験をすることが出来るのだなと感じました。
決勝へ勝ち進んだのは大人と子供がペアを組むチーム2組でした。
子供同士の試合でも大迫力!
勝った後にかっこよく「任せた!」とペアの大人にハイタッチをする少年の姿に会場全体がほっこり。

屋内, テーブル, 部屋, 座る が含まれている画像

自動的に生成された説明

今大会の王者が決まった瞬間です。
今回館内を案内してくれた古川さんが大興奮して立ち上がる所をたまたまではあるもののおさめました(笑)
会場の熱量もすごく王者が決まった時は拍手が沸き起こりました。
ちょうど私たちの隣に今回の王者の保護者の方が座られており、「やったー!」と家族みんなで大喜びする姿に私達もほっこり。

REDEEでは年齢関係なくコミュニティの輪が広がることは勿論、あの人のように上手くなりたい!と実戦を積むことができる点が魅力だと感じました。

REDEE STORE

退館ゲートをくぐるとREDEE STOREに出ます。
ここではぷよぷよやMinecraftをはじめとする様々な人気タイトルのグッズを購入できます。
REDEE STOREは入館者出なくても入店することができます。

おわりに

REDEEに実際に来てみて、来る前に想像していたよりも遥かに体験できることや得られるものが多かったと感じました。
また、eスポーツタイトルをプレイするだけでなく、多方面からeスポーツに関わるきっかけがREDEEにはたくさんあります。
これからeスポーツに関わりたい人、既にどっぷりeスポーツにハマっている人、年齢層問わずどなたでも楽しみながら学ぶことができる施設です。

今回特に心打たれたのはスタッフさんのゲーム愛です。
案内して下さった古川さんをはじめ、各エリアの担当スタッフさんがこだわりを話して下さったのですがエリアのこだわりを笑顔で語り、大会実況も楽しみながらされているのが伝わり、私も終始心から楽しめていました。
これもREDEEが魅力的な施設である理由の一つだと感じました。

学べることや楽しさ、スタッフさんの愛がいっぱい詰まったREDEEにぜひ一度足を運んでいただきたいです。

REDEEについて

REDEE(正式名称: REDEE WORLD)は子供がゲームの体験を通じて広範な知識・スキルを獲得するための施設。
ゲームとの関わり方、異なる背景をもった他者とのコミュニケーション、科学技術の知識を育む。
Ready(準備する、整える)から語源を取り、レッドホース(Red Horse)社の「red」、当該施設のコンセプトである教育(Education)とeスポーツの「e」を含む。
配色で利用されているビビットな赤はレッドホース社のイメージカラーであるとともに主役である子供達が遊び、学ぶ情熱を意味する。
※公式HP引用

〒560-0826 大阪府吹田市千里万博公園2丁目1 EXPOCITY内
TEL:06-6155-7299

公式HP