TOPICS トピックス
SELeCTニュース

LFS池袋esports Arenaに行ってみた!

都内のアニメやゲームカルチャーといえば秋葉原を連想される方も多いと思いますが、実は池袋も近年ポップカルチャーの聖地として発展を遂げています。
今回の記事では、そんなポップカルチャーで盛り上がりをみせている池袋のeスポーツ施設である「LFS池袋 esports Arena」にお邪魔させて頂きました!
SELeCTのトピックス取材の許可もご快諾していただけたので、今回の記事ではLFS池袋の紹介や魅力について詳しくご紹介させていただきます。

LFS池袋esports Arenaとは?

LFS池袋esports Arenaは、2018年4月に誕生した東京都池袋のeスポーツ施設です。
高スペックな機材を完備している施設で誰でも簡単にeスポーツに触れることができたり、大きなeスポーツの大会やイベント・配信場所など、eスポーツの総合施設として利用することができます。
LFS池袋esports Arenaの「LFS(ルフス)」は”Looking for Squad”の略で、「いっしょにプレイしよう」という想いから名付けられたそうです!
「全国高校eスポーツ選手権」のような大きな大会の会場として使用されるなど、eスポーツに集中できる環境がLFSには充実してることがうかがえます。

LFS池袋esports Arenaへのアクセス

LFS池袋esports Arenaの最寄り駅は池袋駅で、池袋駅東口から徒歩3分ほどの好アクセスであることも魅力的です。
池袋駅東口より「池袋駅東口北交差点」を直進し、1つ目の信号を左折してそのまま直進することでLFSまで辿り着くことができます。
真っ黒な壁とスタイリッシュなLSFロゴと看板が目印なので、道にも建物にも迷うことなくLFSに辿り着くことができました。

しっかりと入り口で消毒を済ませて店内に入ると、店内の受付まで階段でくだって向かうのですが、黒を基調とした壁と階段に明るい白色のLEDが照らされていて、まさにeスポーツ施設というような雰囲気がお出迎えしてくれます!

LFS池袋esports Arenaの利用方法

LFSは誰でも気軽にハイスペックな施設に触れることができたり、様々なeスポーツ大会やイベントの会場として使用されるなどeスポーツ施設としてサービスを展開していました。
しかし、現在感染拡大防止対策の一環で一般向けの開放はしておらず、法人向けに施設を貸し出すようなスタジオ利用がメインとなっています。
プロゲーミングチームの練習施設としての貸し出しや、充実した設備を活かして番組制作や配信など様々な用途で使用することが可能です。
実際にLFSを利用するには、LFS池袋のホームページより予約状況を確認してから直接問い合わせをするという流れになっています。
大きな企画に携わってきたLFS池袋運営会社である株式会社E5esports Worksの経験やノウハウから、利用用途に合わせて様々なプランを用意されているとのことなので、利用する前にまず気軽に相談からしてみるのもいいかもしれませんね!

LFS池袋esports Arenaの設備紹介

現在、LFS池袋では上記の画像の通り、「ステージ」、「ボックスルーム」、「テクニカルルーム」といった設備が施設内にあります。
それぞれの場所ごとに設備の紹介や特徴についてお伝えさせて頂きます。

ステージ

店内に入って真っ先に目に入った場所は、大きなLFSのロゴが映しだされている大型ディプレイとソファーが並べられているステージです。
広々としたステージで大型ディスプレイにゲーム画像を映しだしたりプレゼンをしたり、イベントの司会進行やインタビューなど…色々な使い方ができそうなステージですね!

ボックスルーム

ステージの左右にそれぞれボックス型のプレイルームが完備されています。
LFSのボックスルームは、国内のeスポーツ施設初のガラス張りの遮音仕様のボックスルームだそうです。
ステージの左右に1つずつボックスルームがあるので、チーム同士で戦う大会の際にチームごとで左右に分かれることで、選手も最大限に集中できる環境ができそうですし、視聴者の方もわかりやすいですね!

ガラス張りのボックスルームは、上記の画像のようにカーテンをおろして1つの個室としても利用することができます。
部屋ごとに空調がありボックスルームの遮音設計を活かしたミーティングルームとしても活用することが可能です。

SELeCTが取材した際には、もう片方のボックスルームは一面グリーンバックのスタジオ仕様になっていました。
このようにただゲーミングルームとしての利用だけでなく、様々な用途で使用することができることがボックスルームの特徴です。

テクニカルルーム

LFSでは、eスポーツ施設の中では珍しく施設内に本格的なテクニカルルームが完備されています。
テクニカルルームには一通りの音響・照明・映像機器が完備されているので、これらの機器を使った本格的な撮影LFSではすることが可能です。
事前に相談が必要ですが、希望があれば利用シーンに合わせて専門の技術スタッフの手配をすることもできるので、本格的な撮影をしたいけど機器を扱えない方でも安心して利用することができます。

まとめ

今回の記事では、東京都池袋にあるeスポーツ施設であるLFS池袋esports Arenaについて紹介させて頂きました!
実際に施設内まで取材させていただけたのですが、ハイスペックな機器があることはもちろん、ブース1つであったり細かい機材であっても一切の妥協をしないレベルの高さにただただ驚かされました。
LFSの設備は国内でも最大級の設備を揃えているので、今後ここで大きなeスポーツのイベントや大会が行われていくと思うと今から非常に楽しみになります!

SELeCT公式Youtubeチャンネルでは、広報マコが更に詳しく施設の紹介やハイスペックな設備の体験もさせて頂けたので、気になる方は是非動画のご視聴もよろしくお願いいたします!

LFS池袋 esports Arena

LFS 池袋 esports Arena
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目43−6 D-BOX 地下 1階
運営:株式会社E5esports Works
TEL:03-5396-7402
FAX:03-5396-7403

公式サイト:https://www.lfs-esportsarena.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/lfs_ikebukuro
※公式サイトより引用