TOPICS トピックス
ゲーム情報

【攻略】VALORANTのエージェントを解説していく!「デュエリスト編」

今回も引き続き、「VALORANT」の魅力をお伝えしていきます。

前回は【初心者向け】VALORANTとはどのようなゲームなのか?

全体的な説明をしましたが、今回はプレイにおいて重要となってくる「エージェント」という”キャラ”を解説していきます。
2020年6月現在、「エージェント」は11名存在し、どれもが魅力的なキャラです。
そのため、初心者の方にはどの「エージェント」を選べばいいか悩むことでしょう。
そんな初心者のために、今回と次回の記事で、全ての「エージェント」を網羅していきます。

VALORANTのエージェントとは?

画像出典:VALORANT公式サイト

まず「エージェント」とは、ゲーム内で使用するキャラクターのことであり、マッチの最初にしか選択ができません。
つまり、一度選択したエージェントは、そのマッチ中使い続けます。
そのため、「エージェント」選びはチームが勝利するための重要なファクターです。
ただ、「エージェント」ごとの違いはあくまで使用できる”アビリティ”が違うだけです。
アーマーや移動速度はみな、同じ仕様となっています。

4つに分類されるエージェントたち

現在、11名のエージェントが実装されていて、4つのタイプに分類できます。

  1. デュエリスト:最前線で敵を倒していく攻撃型のエージェント
  2. センチネル:防壁の展開や敵の速度低下スキルを駆使する防御型のエージェント
  3. イニシエイト:索敵能力を駆使し、敵を妨害する支援型のエージェント
  4. コントローラー:妨害能力により、敵の進行をコントロールする支援型のエージェント

デュエリストが4名、センチネルが2名、イニシエイトが2名、コントローラーが3名実装されています。

使えるアビリティは4つ!

エージェントが使えるアビリティは4つです。
通常アビリティが2つと、シグネチャー、アルティメットがそれぞれ1つです。
それぞれのアビリティを解説すると、以下です。

  1. アビリティ1:準備フェイズでの購入により使用できます。
  2. アビリティ2:準備フェイズでの購入により使用できます。
  3. シグネチャーアビリティ:ラウンド開始時に自動でチャージされます。
  4. アルティメットアビリティ:敵を倒した時やラウンドが終了した時にチャージされるオーブが一定数貯まると使用可能になります。

デュエリストのエージェント4名を解説していく!

次に、11名の「エージェント」のうち、「デュエリスト」4名を解説していきます。

ほかの「エージェント」たちは来月の記事で解説していきます。

PHOENIX(フェニックス)

炎を操る「デュエリスト」です。

  • アビリティ1: ブレイズ
    • 進行方向に炎の壁を展開できます。
    • 視界を遮り、炎の壁に侵入した敵にダメージを与えます。
  • アビリティ2: カーブボール
    • 球体のスタングレネードで敵味方問わずに視界を奪います。
    • 左右に任意でカーブさせて、壁越しで使えます。
  • シグネチャー・アビリティ: ホットハンズ
    • 一定エリアの地面を炎上させ、入った敵に継続ダメージを与えます。
    • 自分が入ると回復できます。
  • アルティメットアビリティ: ランイットバック
    • 一定時間の間、一度だけ敵に倒されても復活できます。
    • 復活後は、発動した場所で蘇生します。

炎の壁を展開したり、地面を炎上させたりと攻撃から妨害までできる攻撃寄りの「エージェント」です。
特にカーブボールは猛者が扱えばかなりの脅威です。

JETT(ジェット)

風を操る「デュエリスト」です。

  • アビリティ1: クラウドバースト
    • 視界を遮る風のドームを展開できます。
    • 撃ちだす形で展開するため、素早く風のドームを展開できます。
  • アビリティ2: アップドラフト
    • 大きなジャンプをし、通常では乗れない高所に行くことができます。
    • 落下速度を遅くし、浮遊するように移動できます。
  • シグネチャー・アビリティ: テイルウインド
    • 短い距離だが、直線上に高速移動できます。
    • 敵との間合いを一気に詰めたり、戦線を離脱したりとさまざまな活用ができます。
  • アルティメットアビリティ: ブレイドストーム
    • 高威力かつ高精度のナイフを射出できます。
    • 敵を倒すと、消費したナイフがリチャージされます。

最も機動性に優れているエージェントと言えます。
試合開始早々にアタックしたり、敵の裏をかいたりと使い方次第で面白い戦い方ができます。

RAZE(レイズ)

爆発物を操る「デュエリスト」です。

  • ブームボット
    • 直線状に動くロボットで、壁や障害物に当たると反射して向きを変え、敵を索敵できます。
    • 敵を発見すると、敵に接近し爆発することでダメージを与えます。
  • ブラストパック
    • C4爆弾で、任意のタイミングで爆発させたり、時間差で爆発させたりできます。
    • 敵にダメージを与えるのはもちろん、足元に置くことで大ジャンプできます。
  • ペイント弾
    • クラスター爆弾が仕込まれたグレネードで、2段階の爆発が起こります。
    • 1段階目は大きな爆発が1つ、2段階目は拡散した子爆弾が複数爆発します。
  • ショーストッパー
    • 爆発範囲の広いロケットランチャーを1発だけ撃つことができます。
    • ブラストパックと合わせることで、壁の向こうに隠れる敵を倒せます。

グレネードやバズーカなど現代兵器が使えて、とにかくド派手です。
操作していて最も楽しい「エージェント」かもしれません。

REYNA(レイナ)

魂を奪う「デュエリスト」です。

敵を倒すと3秒間だけ出現する”ソウルオーブ”を消費することで、アビリティを使えるのが特徴です。

  • デバウアー
    • 付近にあるソウルオーブを消費することで、体力を急速に回復します。
    • 購入では使用できない。
  • ディスミス
    • 付近にあるソウルオーブを消費することで、短時間だけ実体のない存在と化します・
    • 購入では使用できない。
  •  リーア
    • 「エーテルの眼」を前方に発生させ、これを見た敵のみの視界を奪います。
    • 「エーテルの眼」が銃撃を受けると破壊されます。
  • エンプレス
    • 狂乱状態となり、射撃速度、リロード速度が向上します。
    • 敵を倒すと、持続時間が延長されます。

前線でバリバリ戦うことに特化したエージェントと言えます。
しかし、いくつかのアビリティの使用には敵を倒すことが前提にあることと、”ソウルオーブ”を使用中は無防備で位置バレしやすいことはデメリットです。

まとめ

今回は、「VALORANT」の魅力のひとつである「エージェント」の概要と、「デュエリスト」4名を解説しました。
敵とのバトルに重きを置いた「デュエリスト」は、扱いが難しいものが多いです。
しかし、使いこなせれば敵チームに大きな圧力をかけることができます。
ぜひ練習を積み重ねましょう!

来月は残りの「エージェント」たちを解説していきます!

トップ画像出典:VALORANT公式サイト