TOPICS トピックス
ゲーム情報

レインボーシックスシージが10倍楽しくなる?ランクマッチについて解説!

前回の記事では、レインボーシックスシージ(以下R6S)でオペレーターについてのご紹介と、おすすめのオペレーターを

レインボーシックスシージでおすすめの使いやすいオペレーターを紹介!

で解説させて頂きました。
今回の記事でR6Sの記事は3記事目になりますが、この記事ではR6Sの中で人気の高いモード「ランクマッチ」についてご紹介させて頂きます。
R6Sのランクマッチについて知りたい方や、これからランクマッチを始めてみたい方は、是非この記事を参考にして頂けると幸いです。

レインボーシックスシージのランクマッチとは?

R6Sのランクマッチとは、一定期間で定められているシーズンを通してランクを上げて、より高いランクを目指すことを目標にしたオンラインマッチです。
シーズンが終わった時に、ランクの高さに応じて武器に装着できるチャームを獲得することができます。
ランクが高くなるに連れてランクを上げる難易度が高くなり、敵や味方のレベルも高くなってくるので、よりR6Sで高いレベルで対戦したい方や、プレイスキルの上達をしたい方は、是非ランクマッチに参加してみましょう。
なお、ランクマッチはクリアランスレベルが30以上でないと参加できないので、クリアランスレベルが30に達していない方は、カジュアルマッチでレベルを上げつつ戦い方に慣れてから挑戦することがおすすめです。

ランクマッチとカジュアルマッチの違いは?

ランクマッチはカジュアルマッチと比べて、より実力差が出やすいルールとなっています。
そのルールの大きな違いは、初期位置の出撃地点と防衛地点が選べるということです。
初期位置が選べるので、比較的自由に戦えるカジュアルマッチよりも、チームでより戦術的で協力的なプレイが求められます。
その他にも、勝利に必要なラウンド数がカジュアルマッチよりも多い4ラウンドになっていることや、アクションフェーズが1分短くなっているなど、ランクマッチは攻守に渡ってより実力が出やすいモードです。

ランクマッチを戦う上での注意事項

ランクマッチをプレイする際は、上記のところで解説させて頂いたような基本的なルール以外にも、カジュアルマッチと比べて細かい仕様も異なるので注意してプレイしましょう。
大きな違いは途中抜けペナルティが存在していることと、チームキルを行うプレイヤーがいても除外投票が入れられないという点です。
カジュアルマッチでは、上記のような仕様ができるようになっていますが、ランクマッチでは出来なくなっているので、ペナルティを受けないように注意してプレイしましょう。

レインボーシックスシージのランクの種類

R6Sにおけるランクの種類は、ランクごとの階級も含めると23種類存在していますが、ランク帯で大きく分けると6つのランクが存在しています。
上記の画像の通り、大きく分けたランク帯は以下の通りです。
・コッパー
・ブロンス
・シルバー
・ゴールド
・プラチナ
・ダイヤモンド
・チャンピオン
最も低いランク帯はコッパーランクから始まり、ランクマッチを重ねるごとにランクが上がっていき、最大でチャンピオン帯とそれぞれのランク帯ごとにマッチ難易度が高くなります。
コッパー・ブロンズランク帯は初心者ランクと言われていて、中級者レベルであればシルバーやゴールド帯と言われているので、ランクマッチ始めたての段階であればシルバー帯やゴールド帯を目指してみましょう。
上記の画像でグラフ化されている通り、プラチナ2からチャンピオン帯にかけてプレイヤー人口は少なく、プロプレイヤーのような相当な実力がないと上を目指すことは難しいと言われています。
いきなり高ランク帯を目指すことはかなり難しいですが、最終的にはこれらの高ランク帯になることを目標にランクマッチをプレイしてみましょう。

ランクの決定方法

ランクマッチをまだプレイしていないノーランクの状態の時は、ランク帯ごとに対戦の公平性を保つために、まずは10戦ランク認定戦を行い最初に所属するランク帯が決まります。
所属するランク帯が決定したら、ランク帯ごとでマッチングを行い、試合の勝敗でポイントを獲得してランクを上げていくという仕組みです。
ランクはプラチナ帯までは、ブロンズ4、ブロンズ3、ブロンズ2、ブロンズ1のようにランク帯ごとに小刻みにランクが決められています。
一定のポイントを獲得するとランクアップしますが、逆に負け続けてしまうと降格の恐れもあるので、ランク帯で安定した戦いができないと上のランク帯が目指しずらい仕組みです。
上位のランク帯になってくると、対戦相手も強くなるうえにポイントの上がり幅も小さくなるので、安定したプレイスキルを磨いてより上のランク帯を目指せるように意識して挑戦してみましょう。

ランクマッチで意識するべきポイント

画像出典:UBISOFT公式サイト

ランクマッチは、プレイヤー同士でポイントを本気で争うゲームモードなので、カジュアルマッチよりもレベルの高いプレイが求められます。
プラチナ以上の高ランク帯を目指すのであれば、対戦中に活躍することよりもチームで勝ってポイントを稼ぐことを意識することが大切です。
勿論、敵と対峙した時のエイムなど個人のプレイスキルも重要ですが、高ランク帯になってくると当然周りのレベルも高くなります。
周りのレベルが高くなってくると、個人のプレイスキルだけでは打破できなくなるので、より戦術的な立ち回りを意識することが大切です。
戦術的な立ち回り方ができるようになるためには、まずは最低限マップの地形やカメラ位置の把握と、各オペレーターの役割を覚えておきましょう。
これらのポイントを抑えておけば、ランクマッチをする際に味方との連携も取りやすく、攻守に渡って戦術を組み立てて立ち回れるようになります。

まとめ

今回の記事では、R6Sランクマッチについてご紹介させて頂きました。
気楽にオンラインマッチを楽しめるカジュアルマッチと異なり、より一層結果にこだわったレベルの高いマッチをプレイすることができます。
ランクマッチは自分自身のプレイスキルを試せる最適なゲームモードなので、プレイスキルに自信がついてきた方は、是非ランクマッチに挑戦してみてはいかがでしょうか。
更に自分自身のスキルアップができたり、仲間と一緒に高ランクを目指すやりこみ要素があるモードなので、新しい視点でR6Sが楽しめるようになります。

トップ画像出典:UBISOFT公式サイト