TOPICS トピックス
ゲーム情報

【初心者向け】モンスターストライクってどんなゲームなの?

モンスターストライクってどんなゲーム?

まず初めに、モンスターストライクがどんなゲームなのか、以下の順でご紹介していきたいと思います。

・モンスターストライクについて

・モンスターストライクの魅力

モンスターストライクについて

モンスターストライク(以下、モンスト)は株式会社ミクシィ内のスタジオ、「XFLAG」が配信する、スマホゲームアプリです。
2020年1月にはユーザーが国内4400万人を突破し、日本でもトップクラスにメジャーなゲームです。

5000体を超えるモンスターの中から4体をパーティに編成してクエストに行き、指でおはじきのようにはじいて敵を倒していくのが基本的な遊び方です。

敵への攻撃方法として、はじいたモンスターをそのまま敵にぶつける、はじいたモンスターが他のモンスターにぶつかることで発動する「友情コンボ」を駆使するという2種類の方法があります。
また、キャラに固有で設定されていて、一定ターンが経過することで使用可能になる「ストライクショット」を使用すると、敵に対して大きなダメージが期待できます。

各クエストには数多のギミックがあり、それぞれのギミックに対応したアビリティや、火、水、木、光、闇の5つの属性や敵モンスターに跳ね返る反射と突き抜ける貫通の撃種と呼ばれる特性によってモンスターを使い分けることがクリアの鍵になります。
難易度の高いクエストに挑戦したり、クエストをクリアすることでドロップするモンスターを集めて「運極」を作るのがこのゲームの醍醐味となります。

モンスターストライクの魅力

モンストの魅力として第一に挙げられるのは、最大4人でできるマルチプレイです。
協力して同じクエストに挑戦する事で、ソロプレイよりも効率の良いスタミナ消費でたくさんの報酬を手に入れることができます。

そして、豪華な声優がキャラクターボイスを担当するのも大きな魅力の一つです。
小倉唯(パンドラ役)や釘宮理恵(ノストラダムス役)、佐倉綾音(弁財天役)などかなり豪華な方々が出演されています。

eスポーツとしてのモンスターストライク

画像出典:モンスターストライクスタジアム公式サイト

日本でもトップクラスの人気を誇るモンストですが、近年ではeスポーツとしてもとても大きな盛り上がりを見せています。

まずは競技について紹介していきたいと思います。
競技専用アプリ「モンスターストライクスタジアム」(以下、モンストスタジアム)を用いて、ステージをクリアするまでのタイムを競い、タイムの早い方が勝利となります。
モンストスタジアムでは、競技としての公平性を保つ為に、ダウンロードしてすぐの時点で、コラボキャラ等1部を除く全てのキャラクターが使用可能になっています。

モンストスタジアムの戦い方をご紹介したところで、次はモンストスタジアムを使用したeスポーツ大会についてご紹介します。
プレイヤー4人で1チームとして出場します。
チーム内で同じキャラクターを重複して使うことはできません。
そして対戦相手との駆け引きの要素として「キャラクターピック」のシステムが存在します。
これは使用可能なキャラクターを交互に選んでいくものなのですが、ここで自分たちが使いたい上に相手も使いたいであろうキャラクターを優先して獲得したい、という読み合いが発生するわけです。

モンストeスポーツの歴史

次は年ごとでモンストの大会の出来事を紹介していきたいと思います。

・2015年
初めてのモンストの大会、『モンストグランプリ2015』が8月に開催されました。
当時は自身のモンスト本家のアプリと連携をすることで手持ちのキャラクターのみ使用できました。
また、敵チームと同じキャラクターも使えたため、ほぼ同じパーティでの試合もありました。

・2016年
1月に『モンストグランプリ2016 闘会議CUP』が開催されました。
総額5000万円の賞金が出ました。
9月には『モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ』が開催。

・2017年
7月に『モンストグランプリ2017 チャンピオンシップ』が開催されました。
賞金総額は昨年と同じ5000万円。
今大会からモンスト本家と関係なく全キャラクターを使用できるようになり、前述のピックシステムが導入されました。

・2018年
2月に『モンストグランプリ2018 闘会議CUP』が開催され、賞金総額は1000万円と今までよりも低い額ですが、今大会で「今池壁ドンズα」「【愛】獣神亭一門」にモンスターストライク初のプロライセンスが発行されました。
翌日にはプロフェッショナルマッチとしてプロ2チームが対戦し、「【愛】獣神亭一門」が勝利しました。
7月には『モンストグランプリ2018 チャンピオンシップ』が開催され、賞金総額は6000万円になり、この大会で、新たに6チームのメンバーにプロライセンスが発行されました。
そして10月から12月に賞金総額6000万円の、プロ8チームによる『モンスターストライク プロフェッショナルズ2018 トーナメントツアー』が開催されました。

・2019年
1月に『モンストジュニアグランプリ2019』が開催。
今までの大会とは違い、18才以下のみの大会となり、賞金は出ませんでしたが、優勝した「次世代BOX」にはプロチームとの対戦権等の賞品が与えられました。
7月には『モンストグランプリ2019 チャンピオンシップ』が開催され、賞金総額は1億円になり、新たに4チームがプロになりました。
また、11月から翌年2月にかけて、『モンストプロツアー2019-2020』が開催され、賞金総額は1億円で、プロ12チームが戦いました。

画像出典:モンスト 引っ張り喫茶

まとめ

一般的なスマホゲームとしてだけでなくeスポーツとしても人気が高まっているモンストについてここまでご紹介してきました。

指ではじくだけの単純な操作なのに多くの人々を魅了する奥深さがあるモンスト、みなさんもプレイしてみてはいかがでしょうか。
最後までご覧いただきありがとうございました。

トップ画像出典:Amazon公式サイト