TOPICS トピックス
ゲーム情報

【攻略】新エージェント「スカイ」を徹底解剖!

RIOT GAMESが開発、運営するキャラクターベースの 5vs5 タクティカルシューター「VALORANT」。
今回は、10月27日のアップデートで13人目のエージェントとして追加された「スカイ」について、アビリティから細かいテクニックまで、とことん掘り下げていきます!

スカイとは

VALORANTに13人目のエージェントとして追加されたスカイ。
VALORANTではエージェント選択画面にそれぞれの生い立ちや特徴が表示されますが、彼女は“オーストラリアからやってきたスカイは、獣たちとともに敵陣への道を切り開く。スカイは敵を妨害する創造物を生み出すほか、味方を回復する力を持っている。彼女と行動をともにすることで、チームは最小のリスクで最大の力を発揮することができる。”
と記述されています。
この記述通り、彼女は、様々な動物を操る攻撃特化型エージェントで、分類としては「イニシエーター」です。
果たして、そんな彼女のアビリティとはどんなものなのか。
一つずつ解説していきます!

アビリティと使用例

・操作キー:Q 「トレイルブレイザー」

“タスマニアンタイガーのトリンケットを構える。「発射」で放った猛獣を操作することができる。操作中は「発射」で前方に飛び込み、スタンを与える爆発を引き起こす。直接命中した敵にはダメージを与える。”

これまでスタンを伴うアビリティと言えば、ブリーチやサイファーが持っていましたが、スカイのトレイルブレイザーは一味違います。
放ったタスマニアンタイガーを操作して、敵めがけて飛び込むことができるんです。
飛び込んだ先に敵が複数いた場合、複数の敵がスタン状態になります。
そしてこのトレイルブレイザー、その真価は、敵をスタン状態にすることではなく、偵察ができるというところにあります。
ソーヴァのオウルドローンの様にクリアリング目的で使ったり、角での接敵時に偵察&スタンで使用して撃ち合いを有利に運んだりできますね。
その英語表記「trailblazer」の元々の意味のように、まさしく「先駆者」「草分け」の様な役割を担うスキルです。

・操作キー:E 「ガイディングライト」

“鷹のトリンケットを構え、「発射」で鷹を前方に放つ。「発射長押し」でクロスヘアの方向に鷹を動かし、飛行中に「再使用」することで、閃光に変身させる。敵が可視範囲内にいた場合、攻撃が命中したかどうか確認することができる。”

こちらは、フェニックスのカーブボールの類似スキルですね。
ただ、カーブボールとは違い、直線上に放つことも、視界上部の小窓等から放つこともでき、自由度が高くなっております。
そしてこのスキルのとんでもない点は、索敵もできてしまうという点です。
トレイルブレイザーの様にカメラ付きの操作をすることはできないのですが、命中するとスカイが「見えないでしょ」と言うんです。
しかもこのガイディングライト、1ラウンドで3回使用可能で、更に、ラウンドごとに1回分がチャージされます。
このスキルにより、VC利用の必要性も今後更に増していきそうです。

・操作キー:C 「リグロウス」

“ヒーリングトリンケットを構える。「発射長押し」で詠唱を行い、可視範囲内にいる味方を回復する。回復可能量を使い切るまで再使用できる。自分自身を回復することはできない。”

VALORANTにて初となる範囲回復スキル。
しかしながら、壁越しの回復ができないことに加え、セージのヒーリングオーブの様に「投げれば終わり」という形式ではなく、回復可能な範囲内にてスキルを発動し続けなければならないため、うまくバランス調整がされているなという印象です。
また、ヒーリングオーブと違い自身の回復ができないため、イニシエーターでありながら、少し慎重に行動する必要もありそうです。

・操作キー:X 「シーカー」

“シーカートリンケットを構える。「発射」で3体のシーカーを放ち、最も近くにいる敵3体を追跡させる。シーカーがターゲットに到達すると、対象の視界を悪化させる。”

こちらは、レイナのリーアの強化版ですね。
アタッカー側として攻め込む際、敵のラッシュを受けた際に敵の視界を奪うことに加え、おとりとしても使用できますね。
シーカーは敵を追跡するので、非常にやっかいなスキルとなるでしょう。

まとめ

以上の様なアビリティを持つスカイ。
使いこなすには、マップの熟知・エイム力はもちろん、スカイ独特の立ち回りを研究し習得する必要があるでしょう。
しかしながら、この壁さえ乗り越えてしまえば、非常に強力なイニシエーターです。
アタッカー・ディフェンス両陣営問わず、最前線で活躍すること間違いなし。
シーカーは、最後の砦としても重宝されるでしょう。
圧倒的劣勢からの、シーカーを利用してのクラッチなんか、一回やってみたいですね…!

気軽に大会に参加してみよう!

そんなスカイの登場するVALORANTですが、毎月1度、どんなプレイヤーでも参加可能な大会が開催されています。
日本学生esports協会/Gameic主催の、「Japan Under-25 Esports Games」(JUEG)です。11月大会は、16日~18日にかけて開催されます。

JUEG11月大会は、25歳以下であれば誰でも出場が可能です。
会社員、大学生、高校生、その他、属性や性別は一切問いません。これまで、多くのプレイヤーにとって大会は「見るもの」でしたが、この大会は「出るもの」です。
1人でも多くのプレイヤーの青春の1ページを作るべく、「プレイヤーが盛り上がる大会」を目指して運営されております。

大会内では、一般部門と学生部門に分かれ、それぞれの部門のチャンピオンの座が争われます。最後にその両部門の優勝者同士が対戦し、総合優勝を決定。
一般部門は、U-25(25歳以下)で構成されたチームであれば誰しもがトーナメントに挑戦可能で、学生部門は、高校や大学、専門学校や高等専門学校を含め、同じ学校に通う仲間で構成されたチームであれば、平等にトーナメントに挑戦することができます。

是非皆さんも、チームを組んで気軽に大会に挑戦してみてはいかがでしょうか!

JUEG公式HP

日本学生esports協会 公式Twitterアカウント

JUEG10月大会のレポートはこちらから

※記事中“”内表記部分、動画、トップ画像は全てVALORANT公式HPより引用。