TOPICS トピックス
ゲーム情報

【CoD】相手と差をつけるおすすめ設定を紹介

前回の記事では、Call of Duty(以下CoD)の武器の1つであるスナイパーライフルについて、基本的な使い方から上級者向けのコツや練習方法についてこちらの記事で紹介させていただきました。

【CoD】スナイパーライフル入門!コツや練習方法などを徹底解説

今回でCoDの記事は7回目となりますが、この記事ではCoDをプレイする際に重要な視点移動の感度やボタン配置などの細かい設定について紹介させて頂きます。
CoDだけでなくFPSゲームをプレイしている方は、一度は視点移動の感度やボタン配置など設定にまつわる話を耳にしたり、実際に設定を変更してみた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、いざ設定の項目を見て見ると細かい専門用語が出てきたり、どこを変えたらプレイに影響が出てくるのかなど、CoD初心者の方が設定画面を見てもすぐに理解することは難しいです。

そこで今回の記事では、そんなCoDの詳細設定について実際に設定変更をする方法と、CoD初心者の方向けにおすすめの設定についても紹介させて頂きます。
CoDの腕前を更に上げていきたい方は、是非この記事を参考に細かい設定をカスタマイズしてみて、今よりも快適にCoDをプレイできる環境を整えましょう!

CoDの設定の変更方法を紹介

CoDは現在、PS4やXboxといったコンシューマー機をはじめ、スマートフォンやPCといった様々なデバイスでプレイされています。
どのデバイスでプレイする際でも設定で変更できる内容は同じですが、プレイしているデバイスによってどこで設定変更ができるのかや、ボタン配置の種類など細かいところは変わってくるので要注意です。
今回の記事では最もプレイヤー人口の多いPS4で紹介させて頂きますが、もしスマートフォンやPCといった他の環境でプレイされている方は、対応しているデバイスに合わせた設定変更を行いましょう。

PS4で設定変更を行う場合は、上記の画像のようにCoDのメインメニュー画面から「設定」と表記されているタブを選択します。
※今回の記事ではCall of Duty World War2を参照

設定タブを選択すると複数の選択肢が出てきますが、今回の記事で紹介する内容では戦闘時に関連する設定を変更したいので、「操作方法」という項目を選択します。

上記の画面にように、細かい設定変更画面が展開されていることが確認できたら設定変更の準備は完了です。

各種設定で変更できる効果の詳細を解説

画像出典:CoD公式ブログ

ここまでの解説では設定変更までの手順を紹介させて頂きました。
しかし、CoD初心者の方だと設定変更画面を開いただけでは、どの項目を変更したら動きにどのような影響が出るのか分からない方がほとんどなのではないでしょうか。
そこで、ここでは設定変更画面の項目ごとに、設定変更によって何が変わるのか具体的な効果を解説させて頂きます。

ボタン配置

その名の通りですが、移動時や戦闘時など実際の操作に割り当てられているボタン配置をここで変更することが可能です。
近接攻撃やしゃがみなど反射的な操作が求められるボタン配置を、設定変更することによってよりスムーズに押しやすくすることができます。
また、最近ではPS4コントローラーでL2でエイムR2発射がデフォルトになりつつありますが、L1エイムR1発射に戻したい場合もここで変更することが可能です。

スティック操作

PS4でCoDをプレイする際は左スティックで移動、右スティックで視点移動が基本となっていますが、この操作を逆にしたり混合にしたりカスタマイズすることができます。
ごく稀に利き腕が左効きの方がスティックの役割を反転させることがありますが、基本的にほとんどのプレイヤーはスティック操作の変更をしていません。

視点反転

視点移動を上下にした際の方向を反転させることができます。
視点移動を反転させて得られるメリットが少ないので、スティック操作と同様にほとんどのプレイヤーはこの設定を変更していません。

水平感度

視点を水平方向(横方向)に移動した時に、入力に対して視点が動く速さと距離を調整することが可能です。
水平感度は1~14の数値で変更することができ、数値が低いほど感度が低く、逆に数値が高いほど感度が高くなります。
この水平感度の数値はエイムを合わせるスピードや、急な敵への対応に直結するので非常に重要な設定項目です。

垂直感度

先ほど紹介させて頂いた水平感度と似た項目で、視点を垂直方向(縦方向)に移動した時に、入力に対して視点が動く速さと距離を調整することが可能です。
水平感度と縦と横で方向が異なるだけで、数値も1~14の数値で数値が低いほど感度が低く、逆に数値が高いほど感度が高くなります。

コントローラーの振動

実際の戦闘で発砲時や衝撃を受けた時に、コントローラーが振動するかどうかをここで変更することが可能です。
スマートフォンやPCではコントローラーを使用しないので、コントローラー振動設定は主にPS4のみの設定となります。

エイムアシスト設定

エイムアシストとは、エイムが敵に近ければ自動的に敵にエイムを寄せてくれる設定のことで、最近のCoDではエイムアシストを「回転」と「遅延」の2つの項目で設定することが可能です。
回転とは移動中に敵の方向に標準を合わせるエイムアシストのことで、急な戦闘時でも画面の中央に敵を捉えていれば素早くエイムが合うようにアシストしてくれます。
遅延はエイムアシスト発動時に引っかかるようにエイムの速度を一時的に落とし、より正確なエイムをすることが可能です。

自動武器切り替え

この設定項目を有効にしておくことで、武器が弾切れになった際に自動的にサブ武器に切り替えをするようになります。
強制的にサブ武器に切り替えられるデメリットもありますが、連続で敵と戦う時に武器を切り替えをスムーズに行うことが可能です。

自動乗り越え

この設定項目を有効にしておくことで、移動時に目の前に障害物がある時に乗り越える操作をしなくても自動的に障害物を乗り越えるようになります。
スムーズに移動ができるようになる反面、有効になっていることで攻撃の妨げになることもあるので要注意です。

CoDでおすすめの設定を紹介

CoD初心者でどの項目を変えたらいいのか分からない方は、上記の画像のような設定方法がおすすめです。
設定で注目されることが多いのが感度の項目ですが、感度は実際に色々な感度で試し撃ちをして決めるのがおすすめですが、初心者のうちはエイムを合わせやすい3~5といった低めの感度をおすすめします。
また、画像には映っていませんがPS4コントローラー操作の方は、ボタン配置でL1エイムのR1発射に変更するのがおすすめです。
L2R2操作でも全く問題はないですが、ボタンを押し込んでエイムをする必要があるのでL1R1操作に比べると反応が遅くなってしまうことが考えられます。
また、CoDはシリーズを通じてエイムアシストが強力なので基本的には有効、コントローラー振動と自動乗り越えはイレギュラーな発動があると致命傷になりかねないので無効にするのがおすすめです。

まとめ

今回の記事では戦闘時におけるCoDの各種設定について、設定項目それぞれの解説とおすすめの設定方法を紹介させて頂きました。
各種設定については細かいところになるので、おすすめ設定と紹介させて頂いたものの実際に試してみて、違和感を感じるところは自分好みにカスタマイズするのがおすすめです。
設定一つ変えてみるだけでもプレイに大きな影響を与えることがあるので、もしもまだ設定をチェックしたことがない方は、是非この記事をキッカケにCoDの設定を見直してみましょう!

トップ画像出典:CoD公式ブログ