TOPICS トピックス
ゲーム情報

【VALORANT攻略】日本人エージェント「ヨル」を徹底解剖!

RIOT GAMESが開発、運営するキャラクターベースの 5vs5 タクティカルシューティングゲーム「VALORANT」。
VALORANT記事も今回で8回目となります。

今回からはGOK所属の「天皇皇后両Faker」が記事を担当します

GOKでは主に大会運営のサポートをしています。
こちらではライターとして活動して参りますので、どうぞよろしくお願いします!
さて、今回は1月12日のアップデートで14人目のエージェントとして追加された「ヨル」について、基本的な使い方や「彼の得意・不得意なこと」をご紹介します!

【どんなエージェント?】

記念すべき日本人モデルとしてデビューしたヨル。役割は「デュエリスト」。特筆すべき点は「アビリティによるトリッキーな立ち回り」です。
既存のエージェントでは実現できない「1人フェイク」や「敵にバレずに背後に飛び込む」ことが出来ます。
使用難易度は比較的高めなものの、使いこなせれば1人でゲームを破壊することも出来る、非常に強力なエージェントです。

→スキル構成

Q:ブラインドサイド(フラッシュスキル/200G×2)

動画出典:VALORANT公式サイト

ある程度遠くまで投げることができ、壁にバウンドした後に爆発するフラッシュです。
他のフラッシュを持つエージェントと一味違い、何と爆発するまで「見えない」特徴を持っています。
非常に回避しにくいため、通常のラッシュだけでなく、ヨル1人で道を切り拓く「奇襲」にも非常に役立ちます。
ただ、チームのラッシュの邪魔にならないよう、ボイスチャット等でしっかりと連携を取りましょう。

E:ゲートクラッシュ(移動スキル/2キルごとに1スタック復活)

動画出典:VALORANT公式サイト

ヨルが直線状に移動する球を投げます。
もう一度操作キー(E)を押すことで球の位置までテレポートします。
特徴としては、遠くからは見えないため、不意を突いたポジションから敵を狙うことや、狭い場所から出られない状況になった際に敵に気づかれにくく脱出することが出来ます。
しかし、6m以内に近づくと球自体が見えるようになり、敵に気付かれると、恰好の的となってしまうため、注意が必要です。
この球は、破壊することが可能なため、もし敵のヨルのスキルが見えた場合には破壊するのも一手です。
一度球が止まった位置が分かれば、敵の立ち回りを予測することも可能です。
あえて破壊せずに近くに置いておき、テレポートの音が聞こえたら即座にキルを狙うのも一手です。

C:フェイクアウト(フェイクスキル/100G×2)

動画出典:VALORANT公式サイト

直線に移動する「ヨルと同じ足音を立てる」スキルです。
他のアビリティと違い、敵味方に直接的に効果があるアビリティではありません。
しかし、他のエージェントとは違い「相手にあえて情報を与え、間違った判断をさせる」ことができます。
フラッシュやテレポートとは違い、「ヨルだから出来る事」といえるアビリティです。
ソーヴァのリコンボルトのように「特定の場所から使用すると活躍できる」アビリティではないため、
プレイヤーの発想力がカギとなるアビリティです。

X:ディメンショナルリフト(7ポイント)

動画出典:VALORANT公式サイト

ヨルの移動速度が上昇し「ダメージを一切受けない」「無敵効果や敵の索敵アビリティに映らなくなる」といった強力な効果があります。
しかし、攻撃が出来なくなる事や視界が悪化する効果もあるため、効果時間の管理には注意が必要です。
また、6m以内に敵がいると全身青いヨルを視認できます。
そのため、追いかけられるとスキル解除の硬直時間にキルされてしまう可能性が高いです。
時間の管理や使用する位置など、ヨルでキャリーをするカギとなります。

【ヨルの立ち回りについて】

基本的な役回りは「揺動」や「奇襲」。
ラッシュをかける際の先頭を担う役割や、味方がラッシュをかけた際に、逆サイドから寄ってくる敵の裏を取る動きを得意としています。
撃ち合いやアビリティを使用して先陣を切ってポイントに侵入する事が得意なプレイヤーや、足音などの管理が得意なプレイヤーは最高のパフォーマンスを発揮しやすいエージェントです。
基本の立ち回り以外にもプレイヤーごとの得意な点を活かした立ち回りがあります。VALORANTをたくさんプレイし、研究してみてください。

【まとめ】

さて、いかがでしたでしょうか。ヨルは「ヨルらしい」活躍をしてラウンドを取れる場面もありますが、いわゆる「やらかし」をしてしまうシーンもちらほら見かけます。
プロゲーマーや高レートのストリーマーの間でも、テレポート位置を見られていたり、フラッシュを味方にあててしまうなど、ミスが見られます。
活躍のためには、エージェントの熟練度やマップの地形理解度を高めるなど、プレイヤーの練習量やセンスが非常に重要かと思います。
また、最初に「ヨル一人で道を切り拓ける」と書きましたが、味方のアビリティと組み合わせることでトリッキーな動きの成功率をグンと上げることが出来ます。
特にアビリティの発生音をかき消してくれる大きな音がするキルジョイのXスキルやテレポート先を隠してくれるスモークを持つオーメン・ブリムストーンと組むことで、さらに活躍しやすい状況を作ることが出来ます。
ゲーム内のボイスチャットなどを使用して、ガンガンランクを上げていきましょう。

【豪華な大会に参加してみよう】

私が所属するGOKでは月に1度のペースで「Nomizo杯」を開催しています。第6回大会優勝の「Nester」など、個人大会では中々見ることが出来ないようなチームのスーパープレイを見ることが出来ます。
「誰でも楽しめる」をモットーに大会を開催していく予定です。
景品等も豪華にしていく予定なので奮ってご参加ください!
大会情報については、主催のNomizoのツイッターとGOKのツイッターは要チェック!
DM等は解放してますので、気になることなどはお気軽にどうぞ!
※今大会は既に終了していますので、次回大会をご期待ください。

以上、天皇皇后両Fakerでした!

Nomizo杯の大会レポなども投稿予定ですので、ぜひご覧ください!それでは!

トップ画像出典:Wallpaper Abyss