年末年始のご対応について 年末年始休業期間 2020年12月26日(土)〜 2021年1月4日(月)期間中に頂きましたお問い合わせや登録等につきましては、年始営業日より順次対応させて頂きます。あらかじめご了承ください。
年末年始のご対応について 年末年始休業期間 2020年12月26日(土)〜 2021年1月4日(月)期間中に頂きましたお問い合わせや登録等につきましては、年始営業日より順次対応させて頂きます。あらかじめご了承ください。
TOPICS トピックス
ゲーム情報

今熱い携帯MOBAゲーム!League of Legends:Wild Riftとは?

e-sportsチーム「ACE SKILL ARSENALE」所属のゲーム廃人あめ兄と申します。
普段はYoutubeでゲーム実況等をしながら生活しています。
今回、ワイルドリフトについての記事を書かせて頂く事になりました。
宜しくお願いします。

以前こちらの記事(知らない人のための League of Legends 解説)で紹介した「League of Legends」
その携帯版であるワイルドリフトが、2020年10月下旬にリリースされました。
本日は、PC版とのゲーム性の違いなどを中心に魅力をお伝えします。

【LoLワイルドリフトとは】

画像出典:League of Legends:Wild Rift公式サイト

ワイルドリフトは、モバイル向け&家庭用ゲーム機向けに、LoLをゼロから再構築した5vs5のMOBAです。
現在は「ワイリフ」という略称でユーザーから親しまれています。
大多数の人が所持しているスマートフォン(Android・iOS共に対応)でプレイ出来るため、リリース直後から少しずつ人気を博してきているアプリになります。
使用可能なキャラクターは現在55体(2021年2月時点)おり、今もPC版のキャラクターが携帯向けにリワークされながら少しずつその数を増やしています。
2021年は、NTTドコモと開発元であるRiot Gamesとのパートナーシップにより「League of Legends: Wild Rift」の大会が予定されていたり、DetonatioN Gamingを始めとした多くの有名eスポーツチームが注目&参入したりと、少しずつ盛り上がりを見せている今熱いゲームとなっています。

【ルールについて】

ワイルドリフトのルールに関しては、PC版や他のMOBAと大きな違いはありません。
簡潔に言うと、「三本の道があり、要所にあるタワーを破壊しながら敵の本陣の装置(ネクサス)を壊せば勝ち」というルールです。
ゲームの流れとしては、それぞれの道に行って自身の対面と戦いつつ、取得すると戦いが有利になる「ドラゴン」や「バロン」というモンスターを仲間と協力して取得する事を目指し、集団で起きる戦いで勝利しながらタワーを折り進軍していくという流れになっています。
PC版と完全に同じかと言われるとそうでは無いため、次の項目でPC版とモバイル版との違いを詳しくお伝えします。

【PC版LoLとワイルドリフトの違い】

PC版のLoLよりも圧倒的に試合展開のスピードが速く、長くても20分程度で終わる内容となってます。
そのためPC版のLoLは15分でサレンダーが可能ですが、ワイルドリフトに関しては8分でサレンダーが可能となっておりPC版と比べるとより短い時間で遊ぶ事が出来ます。
そして携帯操作になった事により、移動などがより直感的に出来るようになっているというのも大きな違いでしょう。
さらにPC版とワイルドリフトではゲームシステムが大きく違うので、主な変更点をお伝えします。

≪PC版との変更点その1.レベル≫

PC版では最大18Lvだったのが、ワイルドリフトではチャンピオン(キャラクター)の最大Lvは15になっています。

≪PC版との変更点その2.チャンピオン(キャラクター)のスキル≫

一部のチャンピオンにおいてはスキルの効果が変更されており、使用感が違うチャンピオンも居ます。

≪PC版との変更点その3.マップ≫

マップに関しては左右反転により、確実に左下からスタートするようになっているので画面が見やすいです。
(PC版では左右反転されない)

≪PC版との変更点その4.ランク戦≫

PC版では30Lvから参加可能だったランク戦が、モバイル版では10Lvからマッチ可能であり、時間の無い方も参入しやすい仕様になっています。
さらにプラチナとダイヤモンドの間にエメラルドというランクが新しく追加されています。

≪PC版との変更点その5.サモナースペル≫

LoLにはサモナースペルと呼ばれるキャラクターが二つ持てる特殊スキルがあります。
PC版に存在する「クレンズ」という妨害効果を打ち消せるスペルが、ワイルドリフトでは無くなっており、別の場所に飛んでいける「テレポート」は、サモナースペルでは無く、ブーツを強化する事で使えるように変更されています。

≪PC版との変更点その6.ルーン≫

ルーンの種類や名称・効果等の細かい部分が変更されており、PC版では削除されているルーンが存在します。

≪PC版との変更点その7.アイテム≫

PC版に存在するアイテムが無かったり、逆にワイルドリフトにしか無いアイテムもあります。
特にブーツを強化する事により各種アイテムの効果が使えるのは大きな違いです。

≪PC版との変更点その8.ワード≫

PC版では暗いマップの視界を確保できるコントロールワードというアイテムが購入可能ですが
ワイルドリフトには存在せず、手持ちのワードしかありません。
(今後アップデートにより追加される可能性もあります。)

【今後更に盛り上がっていくワイルドリフト】

画像出典:League of Legends:Wild Rift公式サイト

LoLワイルドリフトはパソコンという高価な機材が無くても、大多数が所持しているであろう携帯で遊べるという利点があり、PC版LoLと比べて時間の流れが早くなっているので、忙しい方も遊びやすい仕様になっています。
今後は、大規模な大会開催など、eスポーツシーンの盛り上がりと同時に、ワイルドリフトの人口は更に増えていくと予想します。
ワイルドリフトの強さは課金では決まらず、純粋なゲームの腕によってのみ、勝敗が決します。
必要なのはゲームをプレイ出来るスマートフォンだけ。
是非、あなたもプレイしてみてはいかがでしょうか?

トップ画像出典:League of Legends:Wild Rift公式サイト