年末年始のご対応について 年末年始休業期間 2020年12月26日(土)〜 2021年1月4日(月)期間中に頂きましたお問い合わせや登録等につきましては、年始営業日より順次対応させて頂きます。あらかじめご了承ください。
年末年始のご対応について 年末年始休業期間 2020年12月26日(土)〜 2021年1月4日(月)期間中に頂きましたお問い合わせや登録等につきましては、年始営業日より順次対応させて頂きます。あらかじめご了承ください。
TOPICS トピックス
ゲーム情報

【R6S】テロハント(訓練所)とはどんなモードなのか徹底解説!

前回の記事では、レインボーシックスシージ(以下R6S)で武器に装着できるアタッチメントについて、各アタッチメントの効果の解説とおすすめの選び方を紹介させて頂きました。

【R6S】武器アタッチメントの効果とおすすめの選び方を紹介

今回の記事でR6Sの記事は8回目になりますが、この記事ではR6Sのゲームモードの中でも高い支持を集めている「テロハント(訓練所)モード」について解説させて頂きます。

R6Sのゲームモードいえば、オンラインで対戦するカジュアルマッチやランクマッチを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は今回紹介させて頂くテロハントもR6Sをプレイしている方から人気の高いゲームモードです。
そこで今回の記事では、テロハントについてどのようなモードなのかの解説と、実際にテロハントをプレイする方法やテロハントをプレイするメリットを解説させて頂きます。
今までテロハントをプレイしたことがない方や、モード自体は知ってるけどプレイするメリットをご存知でない方は、是非この記事を参考にプレイしてみましょう!

テロハント(訓練所)とは?

まずはじめに、R6Sでプレイすることができる「テロハント」というモードがどのようなモードなのか解説させて頂きます。
テロハントはR6Sのアップデートによって名称が「テロハント」から「訓練所」に変更されましたが、現在もプレイヤーからは「テロハン」という略称で呼ばれているゲームモードです。
オンラインマッチではプレイヤー同士で対戦することがメインですが、テロハントではプレイヤー同士ではなく、プレイヤー対CPUで対戦するゲームモードになります。
テロハントでは対戦するCPUのレベルを「ノーマル」「ハード」「リアル」の3つのレベルから選択してプレイすることが可能です。
難易度が高ければ高いほど敵のエイム力やダメージ量が向上し、最大難易度のリアルはエイムアシストも無く、敵もかなり強くテロハントをやりこんでいる方じゃないと簡単にクリアできない仕様になっています。
また、オンライン対戦と同じ形式でCPUと対戦することもできますが、テロハント独自のルールとしてゲームのクリア目標を爆弾の解除or防衛ではなく、エリアにいる人質の開放/防衛に変更してプレイすることも可能です。

テロハントの遊び方を解説!

テロハントを実際にプレイするためには、R6Sのホーム画面から青枠で表示されているプレイリストを展開し、プレイリスト内にある「訓練所」を選択することでプレイすることができます。
訓練所を選択すると上記の画像のような画面が表示され、プレイ難易度の設定とオンラインでプレイするのかソロプレイにするのかを選択することが可能です。
プレイ形式をオンラインかソロプレイでやるのかを選択すると、後は通常のオンラインマッチと同様にオペレーターと武器選択をすることでテロハントを開始することができます。
1人でテロハントモードに集中したり、オンラインでフレンドと一緒にプレイしたりと様々な楽しみ方があるので、気軽にお好みのスタイルでテロハントをまずはプレイしてみましょう!

テロハントをプレイするメリットとは?

画像出典:Rainbow Six Siege 公式Twitter

テロハントはCPUと対戦するモードなので、せっかくR6Sをプレイするならオンラインで世界中の色々なプレイヤーと勝負した方が面白いのでは?と考える方も少なくはないのではないでしょうか。
しかし、テロハントをプレイすることによって得られるメリットもたくさん存在しています。
そこでテロハントをプレイすることによって得られる代表的なメリットについて、考えられる実用的な例をいくつか紹介させて頂きます。
上級者のR6Sプレイヤーでも実践していることが多い例を取り上げさせて頂きますので、是非この記事を参考にして実践してみてはいかがでしょうか。

マップを覚える練習になる

R6Sは5vs5でリスポーンなしのFPSゲームということから、プレイヤーからはかくれんぼゲームと比喩されることが多いゲームです。
銃や武器を使って敵を倒すエイム力も大切ですが、敵が大体どこにいるのか探し出すためにある程度マップについての理解が最低限求められます。
マップの構造を理解するためには、マップ画像で見て覚えるよりも実際にマップ上を散策して記憶することが大切です。
しかし、いきなり実践でマップを覚えようとしても、散策中に敵と交戦になるリスクもありあまり効率良くマップを覚えることができません。
テロハントはCPUとの対戦になるので、CPUのレベルを下げてプレイすることで交戦リスクを回避しながらマップを覚える練習をすることができます。
R6S初心者の方にとっては最も効率の良い学習方法なので、まだマップを覚えきれてない方は是非活用してみましょう!

名声ポイントを獲得できる

現在、R6Sでは攻守それぞれ20種類以上の様々なオペレーターが存在しています。
しかし、これらのオペレーターは初めから全員が使えるというわけではなく、ゲーム内で名声ポイントというポイントと引き換えにアンロックができるという仕組みです。
名声ポイントの基本的な貯め方は、オンラインマッチをプレイしたリザルト報酬として貯めることができますが、オンラインマッチだけではなくテロハントをプレイしたリザルト報酬としても入手することができます。
テロハントはCPUとの対戦なのでオンラインマッチを消化するよりも簡単で、1戦1戦を短く周回できるので、オンラインマッチをプレイするよりも効率良く名声ポイントを貯めることが可能です。
オペレーターをアンロックしたいけど名声ポイントが不足しているという方は、テロハントを周回することで効率良く名声ポイントを貯めることができます。

エイム練習・オペレーター練習に最適

テロハントはゲーム設定のカスタマイズを自由に設定することができるので、オペレーターの練習やエイム練習をするのに最適なゲームモードです。
FPSの練習方法で耳にすることが多い、CPU相手でエイム練習をする「bot撃ち」と呼ばれている練習方法に近い練習をR6Sではテロハントですることができます。
R6Sは武器によって反動や弾の軌道が大きく異なるので武器の使用感を確かめたり、特定の武器やオペレーター縛りで練習したりと、かなり自由に実戦形式の練習をすることができるので活用していきましょう!

まとめ

今回の記事では、R6Sで搭載されているゲームモードの1つであるテロハントについて、ゲームモードの解説とテロハントをプレイするメリットについて解説させて頂きました。
テロハントをプレイしたことのない方にとっては、ただのCPU戦だと認識されていることの多いモードですが、上手く活用することによってR6Sの練習ができたり、名声ポイントの周回ができるなど意外なプレイするメリットがあります!
R6S上級者の方から初心者の方まで、様々な活用方法があるのでテロハントを今までプレイしたことがない方は、是非この機会にテロハントをプレイしてみてはいかがでしょうか。

トップ画像出典:Game*Spark