年末年始のご対応について 年末年始休業期間 2020年12月26日(土)〜 2021年1月4日(月)期間中に頂きましたお問い合わせや登録等につきましては、年始営業日より順次対応させて頂きます。あらかじめご了承ください。
年末年始のご対応について 年末年始休業期間 2020年12月26日(土)〜 2021年1月4日(月)期間中に頂きましたお問い合わせや登録等につきましては、年始営業日より順次対応させて頂きます。あらかじめご了承ください。
TOPICS トピックス
ゲーム情報

クラッシュ・ロワイヤル攻略記事第9弾 天界プレイヤーが教える 人気デッキ紹介・解説5

前回に引き続き今回もクラロワの記事を書かせていただきます。
Rising Sun Esports所属の「кiкuttェ☻໌」です。
知らない方もいると思うので、簡単に自己紹介をさせていただきます。
最高トロフィー7393、CRL20勝チャレンジ7回クリア、主な入賞実績といたしましては、Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2020 東北ブロック優勝、全国ベスト8などです。得意デッキは神器デッキです!
今回の記事でクラロワの攻略記事は9回目となりますが、この記事では最近上方修正がされた「マザーネクロマンサー」を組合わせたロイヤルホグデッキを1つ紹介&解説したいと思います!

現環境でロイホグを使うならこれ!「マザネクロイホグデッキ」

・デッキ情報

メガナイト、エリートバーバリアン、ロイヤルホグ、マザーネクロマンサー、
ザッピー、ホバリング砲、ファイアボール、ローリングバーバリアン

エリクサー平均コスト4.5

・デッキの特徴

一見、ロイホグデッキにしてはコストが重いなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ロイホグデッキと言えば、他のカードは基本的に4コスト程度に抑えて編成されているものばかりです。
しかしこのデッキは、7コスト、6コストのカードが1枚ずつ入っており、エリクサー平均コストも4.5、重量級デッキと言ってもいいほどです。

・攻め方

一般的なロイホグデッキは、「ロイヤルホグ」以外のカードはコストが軽いカードが多く、すぐに2周目が手札に回ってきます。
なので、「ロイヤルホグ」をどんどん出して回転で押し続けたり、試合をリードすることができます。
しかし、このデッキはそう簡単には回ってきません。そのため、後ろから他のカードを出して、形を作った後、両サイドに「ロイヤルホグ」をセパレートして攻めるなど、少し工夫をしながら攻めていく必要があります。

・守り方

このロイホグデッキでは、高火力の陸カード「メガナイト」と「エリートバーバリアン」の2枚が、陸の防衛でとても活躍してくれます。
しかし、この2枚は高火力である分、エリクサー消費量も多いです。出しどころを十分に考えないと、エリクサーアドバンテージを相手に取られてしまう可能性があります。
「ロイヤルジャイアント」や「ジャイアント」や「ゴーレム」といった陸単体での攻めカードに対しては、「エリートバーバリアン」を使って防衛をしましょう。
「ロイヤルホグ」や、相手のカウンターでユニットが固まっている場合には
「メガナイト」を使って防衛をしましょう。
この2枚を使う必要がないなと思ったときは、使わずに簡単に受けて、すぐに「ロイヤルホグ」のカウンターに繋げることができると良いでしょう。

・ファイアボールを打たせる

このデッキを使う上で一番大事といっても過言ではないことが、「ファイアボール」を打たせる場面を作るということです。
このデッキには、「ファイアボール」を打つと効果的なカードが多くあります。
「ロイヤルホグ」「マザーネクロマンサー」「ホバリング砲」「ザッピー」の4枚です。
相手は「ファイアボール」持っていても、1枚しか持っていないので、これをどのカードに使わせるかが重要なのです。
一例ですが、「ファイアボール」を「マザーネクロマンサー」に使わせたとします。この場合、「ザッピー」と「ホバリング砲」は防衛で活きます。それに加え、「ロイヤルホグ」を攻めで通すことも可能です。
このように、試合中に、相手にどこに「ファイアボール」を使わせて、どのように試合を進めていくかを考えることができれば、勝利に大きく近づくことでしょう!

・ユニットを固めない

攻めでも守りでもユニットを近くに配置しないということを意識しましょう。
ユニットを遠くに離して配置する理由は、そうすることによりそれぞれのカードを活かせるからです。
特に、呪文や範囲攻撃に多くのユニットが当たってしまうと、一度にして形勢逆転されてしまうことが考えられるので注意しましょう!
もちろん、相手が「ファイアボール」や「バルキリー」などの固まったユニットに対して強いカードを使った直後や、それらのカードが手札にまだ回ってきていないなと思うときには、固めて攻めても良いです。しかし、手札把握や、特定のカードをいつ使ったか覚えておくことなどはとても難しいので、やはり固めないで攻めることをおすすめします。
もし簡単に受けられてしまったら、大カウンターを喰らうことにも繋がってしまうからです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、現環境で一番多く使われているロイヤルホグデッキを紹介、解説させていただきました。
最近上方修正がされたカードに加わったことにより、今までのロイヤルホグデッキより、一段とレベルアップしたデッキです!
ぜひ皆さんも、この機会に使えるようになってみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。
クラロワについての知識や情報など様々なことを発信していますので、Twitterのフォローのほうもよろしければお願い致します!

トップ画像出典:クラッシュ・ロワイヤル公式サイト