TOPICS トピックス
ゲーム情報

【PUBGモバイル】操作を極めろ!訓練場の使い方!

皆さん今日もPUBGモバイル楽しんでいますか? Ace Skill Arsenal 所属の塩_27です。
今回は操作練習や射撃練習ができる訓練場についてお伝えしていきたいと思います。当然ですがマッチ中に初めて武器を使うときに、銃声を立てて練習なんてできませんよね?訓練場を利用すれば射撃だけではなく様々な練習を自分のペースで行うことが出来ます。

訓練場への行き方!

訓練場はアップデートによりマッチ待機画面から直接行くことが出来なくなりました。
まずマップ選択画面で訓練場を選択しポップアップが出たらOKを選択します。

すると上記の画像の通り、Playgroundに行きます。

次に射撃場の左前方銃器のモニュメントに近づきます。近づくと車両に乗車するときのように右下に訓練場のボタンが出てきます。そのボタンを押せば訓練場に入ることが出来ます。

使いたい武器はまずこちらで!武器置き場!

武器置き場ではこのゲームで使えるほぼすべての武器が置いてあります。武器のカスタムや、防具、バックもこちらに置いてあります。マッチ中には練習できない物資武器であるGROZA、AWMもここでなら時間の許す限り練習することが可能です。ただ、新マップの登場直後の新マップ専用武器はまだ実装されていない場合があるので気を付けましょう。

射撃の練習ならここで!射撃訓練場!

訓練場のメインといってもいい機能が「射撃訓練」という機能です。ここでは自分で取得した武器で的を撃つミニゲームが出来ます。的は射撃エリアから20m~180mまでと広い範囲での射撃練習が可能です。また、用意された的をすべて倒すまでの時間を競うスタンダード訓練と、決められた秒数で的を倒していかなければないリアクションモード訓練の二種類があります。
用意されたモードにはそれぞれ三種類の難易度がありますが、それ以外にも自分で距離と的の枚数や、的の体力や防具の数値を設定し目的に沿った練習をすることもできます。

投擲物の練習ならここで!投擲練習場!

ここでは、グレネードの練習を行うことが出来ます。以前の記事でも紹介したように敵の位置が少し高めに設定されていることで、爆発と相手に直接グレネードを当てないと倒しきれないように作られているためグレネードの精度が格段に上がります。また投擲物の軌道はすべて同じの為、他の投擲物の感覚を養うこともできます。

BOT撃ちならここで!BOT訓練場!

ここではBOTを用いて、敵を探しながら倒すというシミュレーション訓練を行うことが出来ます。射撃練習場と同じように防具や体力の変更など細かい設定が出来ます。訓練を開始すると設定した防具、体力通りのBOTが4体スポーンし、プレイヤーと戦います。プレイヤーはスタート地点から敵を探し見つけ次第倒していきます。クラシックのマッチに比べBOTの攻撃も激しくなっているので油断せずに一体ずつ倒していきましょう!

車両操作の練習もできます!車両置き場とレース場!

ここではマッチ中に使う車両を練習することが出来ます。ここには練習用のコースが設置されているので試しに走ってみることをお勧めします。意外とカーブが難しく、操作の感覚を養うことが出来ます。

おすすめの練習法を紹介!

・素早い視点移動の練習にはこれ!10m間隔的!

射撃場の左側には、10m間隔で人型の的が設置されています。この人型の的を利用して一定の距離を素早く動かす練習が出来ます。自分が操作で視点を動かした距離と、画面が動く距離の差を調整することもできます。

・後方の山から射撃!

上は実際に8倍スコープで狙撃している画面

・こんなところにヒヨコが!

訓練場の右前方側の鉄塔には、ヒヨコが住んでいます。このヒヨコ、ヒットマーカーは出ないものの、ヒットエフェクト(血しぶき)が出るので遠距離から正確にヘッドショットだけを狙う練習に最適です。慣れてきたらされに距離を遠くしてみましょう。

先程説明したマップ南側の山からスコープで覗いた時の写真です。この山からヒヨコをフルオート射撃、狙撃してみて更に命中精度を高めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。自分の工夫次第でいくらでも練習できてしまうのが訓練場の魅力です。筆者も暇なときにはひたすら訓練場に入りびたり気づけば一時間経っていたことがあります。マッチ中にリコイルコントロールが出来なかったとき、操作ボタンの配置を変えて初めて試してみるときなど、自分の基礎を高めたい時にはぜひ訓練場で練習してみてください。皆様がより良いPUBGモバイルライフを過ごせるように祈っています。

トップ画像出典:flickr