TOPICS トピックス
ゲーム情報

ApexLegendsで登場する2種類のマップの特徴と立ち回り方法を紹介!

前回の記事では、Apexのレジェンドであるレイスについて、レジェンドの特徴や立ち回り方法について紹介させて頂きました。

ApexLegendsの部隊には必須!?レイスの立ち回り方法!

今回の記事でApexの記事は5記事目になりますが、この記事ではApexの戦闘で使用されている「マップ」の種類について、それぞれのマップの特徴と立ち回り方法を解説させていただきます。

マップの特性を知ることでマップに合わせた立ち回り方や、どのエリアにプレイヤーが集まりやすいのかなどを知ることができるので、オンラインマッチに挑戦する前に事前に知識を入れておくことが大切です。

ApexLegendsのマップとは?

過去にバトルロイヤルゲームをプレイしたことがある方はご存知だとは思いますが、Apexにおけるマップとは実際にゲームでプレイヤーが対戦するフィールドのことを指します。

Apexでは2020年7月現在で2種類のマップがあり、それぞれのマップで特徴が違うのでマップの特徴を知って立ち回ることが非常に大切です。
これらのマップは約3ヶ月間で開催されているApexのシーズン中で、シーズンの半分の期間でランクマッチとカジュアルマッチで使用するマップを入れ替えています。
なので、プレイヤーがプレイしたいマップを好きに選べるわけではないので、ランクマッチやカジュアルマッチをプレイしている方は、どちらのマップでもプレイできるようにしておくことが大切です。

ApexLegendsのマップを紹介

冒頭でも少しご紹介させて頂いた通り、Apexでプレイできるマップは2020年7月現在2種類のマップで遊ぶことが可能です。

Apexのサービスが開始した時は、元々1種類のマップのみでしたが、その後のアップデートによってもう1つのマップが追加されました。
これらの2種類のマップはランクマッチとカジュアルマッチで交互に使われているので、それぞれのマップごとに特徴を把握しておくことが大切です。

ここではマップ別にマップの特徴や、おすすめの立ち回り方法をご紹介をさせて頂きます。

KINGS CANYON

画像出典:EA公式サイト

Apexのサービス開始時から存在しているマップが、こちらの「KINGS CANYON」というマップです。

壮大な大地が広がっているマップの真ん中に大きな恐竜がいることが特徴的で、プレイヤーからは「キンキャニ」の愛称などで親しまれています。
このマップの大きな特徴としては、マップ上で青く囲われているハイレアリティのアイテムが必ず落ちている「ホットゾーン」や、ハイレアリティのアイテムが手に入れやすい「サプライシップ」という上空を移動する船があることです。
これらのスポットは良いアイテムが揃えやすい反面、多くのプレイヤーが降りることがあり激戦区になりやすいので注意しましょう。
また、マップの中央にいる巨大な恐竜の足元にレアアイテムがあることや、空を飛ぶ翼竜を撃ち落とすことでデスボックスを入手することもできます。

マップが登場した当時は「スカルタウン」という街が最も激戦区でしたが、アップデートによってスカルタウンが無くなったので、現在のKINGS CANYONでは毎回必ず激戦区になるというエリアはありません。
しかし、マップの真ん中にある「砲台」と「キャパシター」はハイレアリティの武器が落ちやすいエリアで、最初の航路上にもなりやすいので比較的多くのプレイヤーが降りるので要注意です。

WORLD’S EDGE

画像出典:EA公式サイト

こちらの「WORLD’S EDGE」というマップは、Apexシーズン3のアップデートによって新しく追加されたマップです。

KINGS CANYONよりも若干ではありますが、マップ全体が広くなっていることが特徴のマップです。
このマップで登場する新しい要素としては、青・紫・金で点滅しながら上空を飛んでいる「カーゴボット」という物体を落とすと、撃ち落とした時の色のレアアイテムが手に入れられることと、ハイレアリティアイテムが出やすいサプライボックスを積んで各拠点間を移動している「列車」が新しく追加されました。
また、マップ上に3つの「保管庫」という場所が追加され、カーゴボットから稀にドロップする保管庫の鍵を入手することで、保管庫の開錠ができハイレアリティの装備品を入手することができます。
保管庫の場所は常に一定なので保管庫に近いエリアや、マップの中央に位置している「仕分け工場」と「キャピトルシティ」が激戦区になりやすいエリアです。

マップは変更されることがあるので要注意

Apexでプレイできるマップですが、過去にアップデートやシーズンの更新によって、マップ内容の変更が今後行われる可能性があるので要注意です。

マップが変更される主なタイミングとしては、シーズンのコンセプトによるマップの変更や、ゲームバランスの調整による細かいマップ変更が実施されることがあります。
また、期間限定で遊ぶことができるモードの登場によって、普段のマップとは一味違った限定マップで遊ぶことも可能です。
過去には、ステージ全体が暗くなっていてデジタルスコープがドロップしやすい、「夜のKINGS CANYON」というマップが登場しました。
今後もこのようにマップの変更や、期間限定で楽しめる限定マップが登場してくる可能性が高いので、必ずしも今遊んでいるマップがずっと続くとは限らないので注意が必要です。

Apexでは運営チームの遊び心が感じられるような、マップに面白いギミックの追加やイベントが登場することもあるので、このような細かい変化を楽しみながらApexをプレイすることでより一層楽しくプレイできるのかもしれません。

まとめ

今回の記事では、Apexにおけるマップの特徴とマップごとの立ち回り方法を紹介させて頂きました。

マップごとにプレイヤーが降りやすい場所や、搭載されているギミックが異なるので、マップの知識を知ったうえでプレイすることで、更に効率が良くアイテム散策ができたり敵との遭遇率を下げることができます。
特に戦闘時のポイントを競い合うランクモードでは、マップのどこに降りてアイテムを探索していくのか、降りてすぐ倒されにくい場所がどこなのかを把握することが重要です。

是非この記事を参考にして頂いて、マップの特徴を意識したプレイをするように心掛けてみてはいかがでしょうか。

トップ画像出典:EA公式サイト