TOPICS トピックス
ゲーム情報

ApexLegendsの部隊には必須!?レイスの立ち回り方法!

前回の記事では、Apexのレジェンドであるバンガロールについて、レジェンドの特徴や立ち回り方法について紹介させて頂きました。

ApexLegendsで勝てるようになる!バンガロールの立ち回り方法!

今回の記事でApexの記事は4記事目になりますが、この記事ではApexで使えるレジェンドの中でも人気が高い「レイス」について、基礎情報から攻守に渡っての立ち回り方法を解説させて頂きます。

レイスの基礎情報

レイスの立ち回り方法を知るにあたって、まずはレイスの基礎情報についてご紹介させて頂きます。
Apexのゲーム内でレイスは「次元をまたぐ戦闘兵」という二つ名があり、次元の虚空を行き来しながら戦える戦闘タイプのレジェンドです。
戦闘時の小回りが効きやすいレジェンドなので、部隊を戦闘で引っ張って仲間を牽引することができます。

・パッシブ:虚空からの声

敵に銃口を向けられている時や、近くにトラップがある時は虚空からの声で警告してくれます。
受け取った警告は自分自身だけでなく、部隊の仲間にも伝えることが可能です。

・戦術アビリティ:虚空へ

数秒間の間虚空に入って移動することができ、虚空に入っている間は透明状態になり敵からの攻撃を受けず、安全に高速移動をすることができます。

・アルティメット:ディメンションリフト

マップ上に2箇所の場所を繋ぐ、60秒間持続可能なポータルを作ることができます。
ポータルは自分自身だけでなく仲間も使用可能です。

レイスは上記のスキルを使うことができるレジェンドです。
戦闘中に虚空やポータルを駆使することで、小回りが効きやすく戦闘時の撤退や敵への奇襲をスムーズにすることができます。
スキルやアルティメットの使いどころが若干難しいですが、無敵状態でかつ一瞬でワープができる強みはレイス特有なので、部隊に1人いると円滑に戦闘を進めていけるレジェンドです。

レイスの立ち回り方法~守備編~

レイスは攻撃的な戦闘タイプのレジェンドですが、レジェンドの使い方によっては守備的な立ち回りをすることもできます。
特に、ポータルを起動して仲間も含めワープするアルティメットは、倒されそうな危険な状態からでも、一瞬で撤退できるのが特徴です。 そんな攻守のスイッチ役になれるレイスについて、実戦で使うことができる3つの守備的な立ち回り方法を紹介させて頂きます。

・危険を感じたら虚空に入って撤退

レイスの戦術アビリティである虚空を使うことで、数秒間敵からの攻撃を受けない無敵状態でワープすることができます。
戦闘中にダメージを負って危険な状態の時や、敵からの爆撃が来た時に無敵状態で移動ができるので、レイスの虚空はピンチからの撤退に非常に有効です。
虚空に入っている時は透明状態になるものの、敵から見ると薄っすらと影が見えているので、虚空を使って撤退するときはそのまま建物に逃げるなど、敵視点から上手く逃げるようにしましょう。
また、虚空に入っている間はエリアのダメージも無効になるので、エリア外でデスボックスを回収する時や、仲間を起こす時にも虚空を使うのは有効です。

・ワープを張って撤退する

敵との戦闘時に第三部隊が参入してきて状況が厳しい時や、戦闘中にエリアが迫ってきて厳しい状況では、敵を倒しきる選択ではなく撤退を選択せざるを得ない時があります。
そんな時には、レイスのアルティメットを使ってワープを張ることで、仲間部隊もまとめて戦闘から撤退することが可能です。
ワープポイントをつくっている時は単独行動になるので、そのタイミングで敵に倒されないように、隠れながらや戦術アビリティの虚空を上手く使って移動するようにしましょう。

ダウンした仲間をワープで回収する

戦闘中に仲間がダウンしてしまった際や、倒されてしまってビーコンとなった時でも、レイスのワープを上手く使えば仲間を復活させることができます。
倒されてしまった仲間を助けに行くときは、敵も助けに来るのを待ってることが多いので、普通に走って取りに行くのは危険です。
そんな時に安全な地帯から回収をしたいポイントまでワープを引くことで、回収したらワープですぐに撤退できるか、ダウンした仲間をワープさせて安全な場所で起こすことができます。
しかし、引いたワープは敵も使うことができるので、仲間を起こす時はワープで敵が追ってこないか部隊で注意を払うようにしましょう。

レイスの立ち回り方法~攻撃編~

続いては、レイスの攻撃時の立ち回り方法について3つのポイントを紹介させて頂きます。
レイスはApexの中でも、最も攻撃的なレジェンドと言っても過言ではないので、ポイントを確実にマスターして誰にも負けない攻撃スキルを身につけましょう。

・敵との距離を詰める時にワープを張る

距離が少し離れている敵に攻撃を仕掛ける際に、レイスのアルティメット技であるワープを張って距離を詰めることで、いざという時でも撤退ができる保険をかけながら攻撃することができます。
ワープを使って距離を詰めることで、敵としては予想外の奇襲となり対応が難しいので、一気に敵を倒せる効果的な攻撃方法です。 しかし、レイスのワープは敵も使うことができるので、一気に倒しきれる状況でないときにワープで距離を詰めると、逆に返り討ちに遭ってしまい敵が引いたワープを使って距離を詰めてくる時もあるので注意しましょう。

・虚空を活用して敵の背後を取る

レイスの守備的な立ち回りで撤退に使えると紹介させて頂いた虚空ですが、攻撃時の立ち回りでも活用することができるスキルです。
虚空を使っている間は透明状態で攻撃を受けないという特性を活かして、虚空の移動中に敵の背後に回り込んで攻撃を仕掛けることができます。
敵の背後に回り込めば敵が無防備な状態で攻撃ができ強力な戦術ですが、裏取りをしている時は単独行動になりやすいので、裏取りのタイミングをよく見て倒しきれそうなタイミングで移動するようにしましょう。

・トラップを強行突破できる

レイスの虚空を使っている時は、敵のトラップや爆撃などの攻撃ダメージを受けずに移動することができます。
例えば敵がトラップを仕掛けて籠城していたとしても、レイスの虚空を使えばトラップを無視して突撃することが可能です。
上手くワープと組み合わせて使うことで、仲間も引き連れて攻撃ができるので、状況次第で上手く活用して攻撃を仕掛けるようにしましょう。
しかし、虚空を使っている間はダメージこそ無効ですが、決して物理的にトラップを貫通することはできないので、トラップにハマってしまわないように気を付けて移動しましょう。

まとめ

今回の記事では、レジェンドの1人レイスにスポットライトを当てて、基本的な情報から攻守の立ち回り方法を解説させて頂きました。
レイスの扱い方は他のレジェンドと比べて少し難しいですが、扱い方と立ち回り方さえマスターすれば強力で使っていて面白いレジェンドです。
スムーズに移動ができるレイスのスキルは、攻守に渡って貢献できる、チームに1人は欲しいレジェンドなので、気になった方は是非レイスを使ってみてはいかがでしょうか。

トップ画像出典:EA公式サイト