TOPICS トピックス
ゲーム情報

PUBGはマップを知ることが重要!各マップの特徴を解説

前回の記事では、PUBGで勝つためにオススメの戦闘テクニックについてご紹介させていただきました。

これをマスターすれば負けなくなる?PUBGの戦闘テクニックを紹介!

今回の記事でPUBGの記事は4記事目になりますが、この記事ではPUGBで熱い戦闘が行われるPUBGのマップについてご紹介させていただきます。
マップについて詳しく知っているかどうかで、PUBGで戦闘時の立ち回り方や考え方も変わるので、まだマップについて詳しくご存知でない方は、是非この記事を参考にして頂けると幸いです。

PUBGのマップを知ることの重要性

PUBGのマップについての知識は、ただプレイヤー同士が戦闘を行うだけの場所と軽視されることもあります。
しかしPUBGのマップは、他のFPSタイトルなどのように何十種類もあるマップの中から、毎試合ランダムで決まるというわけではなく、数種類のマップで常に変わらない条件なので、戦闘を行うマップがどんなマップなのか把握しておくことが大切です。
戦闘を行うマップを知ることによって、大きく以下の2つの強みを得ることができます。

・どこに物資や車があるのかを知っておくことができる

・地形を理解してどの場所が強いのか把握することができる

上級者プレイヤーでも、マップの種類ごとに好みがあったり、マップによって立ち回り方を変えているプレイヤーもいます。
このようにマップを知ることによって、戦闘の結果にも大きく影響を与えるので、戦場に降りる前にしっかりとマップの特徴を知っておくようにしましょう。

マップごとに特徴を解説!

PUBGのマップは、大きく分けて全5種類のマップが存在しています。
バトルロイヤルゲームの多くは、シーズンごとにマップの地形が変化するタイトルもありますが、PUBGのマップは変化することなくお馴染みのマップが続いていることが特徴です。
PC・PS4・モバイルなど様々なデバイスで遊ぶことができますが、どのデバイスからプレイしても同じマップをプレイすることができます。
シーズンごとに追加マップが公開されることもあるので、2020年6月現在では5種類のマップですが、今後も新しい追加マップが公開されることがあるかもしれません。
この記事では、配信済みの5種類のマップについてマップごとの特徴を解説させていただきます。

Erangel

画像出典:DMM GAMES

ErangelはPUBG初期からずっと搭載されている、PUBGの代名詞といっても過言ではないマップです。
PUBGの全マップの中でも比較的広いマップで、広大な平野や山岳のある自然豊かなマップとなっています。
自然豊かなマップで遮蔽物も少ないので、建物や山岳からの射撃に注意しながら立ち回ることが大切です。
また、孤島があるのも特徴で孤島から本島に行くためには泳いで渡るか橋を使うしかないので、本島の岸で待ち構えている敵をクリアリングする必要があります。
一方、「Pochinki」を中心とした中心部の市街地は激戦区になりやすいので、初手でどの街に降りるかという判断も重要なマップです。

Miramar

画像出典:DMM GAMES

PUBGで始めて追加されたマップが、砂漠をモチーフにした「miramar」というマップです。
比較的広いマップとご紹介させて頂いたErangelよりも、約2倍広いマップでPUBGの中でも最も広いマップとなっています。
また、どこへ行っても砂漠が広がっているので遮蔽物も少なく、乗り物での移動もバレやすいのがこのマップの特徴です。
平らな砂漠が続いているマップですが、市街地に行くと上から索敵できる高台があるので、高台からの射撃にも注意する必要があります。
広いマップなのでゲームの進行が緩やかになることが多いので、どこが安全地帯になるのか常に予想して、慎重に立ち回ることが求められるマップです。

Sanhok

画像出典:DMM GAMES

「Sanhok」は、2018年6月に追加された東南アジアがモチーフのマップです。
マップの広さは4km×4kmと、かなり狭く設計されているマップなので、ゲームのテンポも速く戦闘スキルが重要になります。
また、マップ上に等間隔に市街地があり平野が少ないので、どこの街も激戦区になりやすいことがこのマップの特徴です。
このマップは島から島へ渡る橋も多いので、行動する時は常に敵に狙われていないか警戒しながら立ち回るようにしましょう。

Vikendi

画像出典:PUBG LITE公式サイト

マップ全体が雪に覆われている雪マップとしてお馴染みのマップが、こちらの「Vikendi」です。
6km×6kmとPUBGのマップの中では、広すぎず狭すぎもしない中規模くらいの広さとなっています。
雪に覆われているマップなので伏せ撃ちができる茂みも少なく、地上戦で敵と遭遇することが多いのがこのマップの特徴です。
車両や高低差を使った戦闘がメインになるので、撃ち合いや戦闘スキルを学ぶことができます。

Karakin

画像出典:DMM GAMES

2020年1月に開幕したシーズン6で追加されたマップが、マップ全体に岩場が広がっている「Karakin」というマップです。
マップ全体の広さは2km×2kmと、今まで登場したマップの中でも最も狭いマップとなっています。
これだけ狭いマップなので、常に敵が近くにいて交戦状態になることが多い、戦闘に特化したマップであることが特徴です。
マップには島がなく全てが陸地なので、物資を集めている暇なんてないスピーディーな展開と、敵と交戦するスリルを味わうことができます。

まとめ

今回の記事では、PUBGのマップを知る重要性と各マップの特徴をご紹介させて頂きました。
マップを知ることでマップにあわせた移動の仕方や、戦闘方法を臨機応変に対応することができるので、マップの知識を把握しておくことはPUBGをプレイするにあたって非常に重要です。
今後も新シーズンごとに新たなマップが追加されていくと思いますので、新しいマップがどんなマップなのか研究することで、また新しい観点からPUBGを楽しむことができます。
マップごとに世界観やコンセプトがそれぞれ異なるので、何をモチーフにしたマップなのか考えてみることもおすすめです。

トップ画像出典:GamerSpace