TOPICS トピックス
eスポーツ豆知識

「ストリーマー」とはどんな職業?仕事内容とeスポーツへの関わり方は?

近年では、国内でもeスポーツ文化の発展と認知が広まってきたことにより、今までのゲームという枠を超えて競技として全世界中で親しまれ始めているコンテンツです。
eスポーツに携わる形の仕事も年々増加傾向にあり、eスポーツをプレイしたことがある方であれば、一度はその名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
今回の記事ではそんな数多くあるeスポーツに関わる仕事の中でも、特に人気が高い「ストリーマー」という職業についてピックアップして紹介させて頂きます。

ストリーマーとはどんな職業?

まずは、ストリーマーという職業について基礎的な情報をお伝えさせて頂きます。
ストリーマーという名前自体は聞いたことがあるけど、実際にどのような職業なのかわからないという方は、まずはストリーマーがどのような職業なのかチェックしておきましょう。

ストリーマーの定義

ストリーマーとは、動画配信サービスでライブストリーミング配信や動画を配信して、収入を得ている方のことを指す用語です。
Youtubeの広告収入が収入源のYoutuberと違って、生放送や動画をした時にファンから投げ銭を貰ったり、個人や企業がストリーマーのスポンサーにつくことで収入を得ます。
最近ではストリーマーとして人気が出てきた実況者が、生放送の投げ銭だけではなく動画での広告収入も得ているストリーマーも増えてきているようです。

プロゲーマーとの違いは?

ストリーマーとプロゲーマーという2つの職業は、よく比較されたり同じ職業だと勘違いされやすい職業です。
これら2つの職業で大きな違いは、「どこから収入を得ているか」と「ゲームスキルの差」の2つなのではないでしょうか。
ストリーマーとプロゲーマーでそれぞれどう違うのかを詳しくお伝えさせて頂きます。

・どこから収入を得ているのか

ストリーマーとYoutuberの違いでも少し触れさせて頂いたのと同じで、ストリーマーとプロゲーマーの違いも同様で、どこから収入を得ているのかが違いを分けるポイントです。
プロゲーマーは所属しているチームによって違いがある場合がありますが、基本的には所属しているチームから受け取る給料か、大会で優勝した優勝賞金を主な収入としています。
一方のストリーマーは、ファンからの投げ銭や企業や個人からのスポンサー料が主な収入なので、このようにどこから収入を得ているのかが違いを分けるポイントです。

・ゲームスキルの差

大会で結果を残すことが重要視されるプロゲーマーと比べて、ストリーマーはファンやスポンサーからの支持や、1人の実況者としてのキャラクターで人気を得ることが重要視されます。
ストリーマーはプレイスキルが高くて損なことはないですが、プロゲーマーと比べるとストリーマーは高いスキルよりも、ゲーム実況の面白さやわかりやすさの方が重要視されるポイントです。

ストリーマーになるためには?

ストリーマーはかなり人気の高い職業で、最近は小中学生の将来なりたい職業ランキングでも上位に入ってくる職業です。
これからストリーマーを目指してみようと考えている方へ、ストリーマーになるための具体的な手順を紹介させて頂きます。
敷居が高いように感じますが実はストリーマーになることは簡単にできるので、ストリーマーに興味がある方は、この記事を参考にして始めてみても良いかもしれません。

ストリーマーになるための下準備

ストリーマーになるためには、まずはどのゲームを実況するのかを決めなくてはなりません。
自分自身が得意なゲームや流行りのゲームなど、自分自身がやりやすいようなタイトルを選ぶことがおすすめです。
配信するタイトルが決まれば、配信に必要な環境や機材を揃えればストリーマーになる準備は整いました。
後はそのまま生放送や動画収録をすることで、ストリーマーの仲間入りをすることができます。

ストリーマーで大切なこと

ストリーマーとして成功するために最も大切なことは、ファンから親しまれるキャラクターになることです。
ファンからの投げ銭やスポンサー料がそのまま収入に繋がるので、ファンをどう楽しませるのか考えて活動をするようにしましょう。
そのためには、ファンとのコミュニケーションの場を設けたり、ファンも楽しめるような企画をすることがおすすめです。

eスポーツの発展に欠かせないストリーマーの仕事

ストリーマーはゲーム実況をしているだけでなく、eスポーツの発展に欠かせない重要な役割を担っています。
主なeスポーツ関連の仕事では、イベントにゲストや実況解説で出演をしたり、企業とタイアップをして商品の宣伝をするなど、eスポーツ界隈でストリーマーはeスポーツを広める重要な役割です。
ストリーマーはキャラクターが人気になることが多いので、イベントや企業とのタイアップをすることにより、今までそのタイトルを知らなかったような人でも、ストリーマー経由で知って新しい人口拡大にも繋がります。
ストリーマーはeスポーツ界隈ではインフルエンサーのような役割なので、eスポーツを広めることに欠かすことができない職業で、これからも活躍の場が広がっていくことに期待できますね。

「SELeCT」はストリーマーと企業を繋げるサービス

「SELeCT」はeスポーツに関わりたい企業と、eスポーツで活躍したい個人を繋ぐマッチングプラットフォームサービスです。
eスポーツに関わる仕事をしたい個人が、「eスポーツパーソン」という形でSELeCTに登録して、eスポーツに関わりたい企業がeスポーツパーソンに仕事のオファーを送ったりします。
SELeCTでは、プレイヤーをはじめストリーマー、動画編集者からマネージャーなどeスポーツに関わりたいありとあらゆる人が登録しているサービスです。
特に企業との関わりが重要なストリーマーにとっては最適なサービスなので、是非この機会にeスポーツパーソンに登録しておきましょう。
eスポーツパーソンへの登録は無料で、登録申請手続きは「会員登録」のページで必要事項を入力するだけで登録できます。

まとめ

今回の記事では、eスポーツにおいてストリーマーという職業の仕事内容と、eスポーツへの関わり方を紹介させて頂きました。
ストリーマーはeスポーツ界隈ではインフルエンサーのような存在で、今後eスポーツの盛り上がりを左右すると言っても過言ではくらい重要な職業です。
その一方、ストリーマーはプロゲーマーと比べて高いプレイスキルが求められることが少なく、誰にでもなれるチャンスがあります。
プロゲーマーになれるほど自信はないけど、eスポーツを通じて人を楽しませたいという方にはぴったりの職業です。
ストリーマーについて気になっている方や興味を持っていただいた方は、是非この機会にストリーマーを目指してみてはいかがでしょうか。