TOPICS トピックス
eスポーツ豆知識

ゲームは1日1時間⁉︎香川県ネット・ゲーム依存症対策条例について

概要

香川県議会で、子供をネット・ゲーム依存から守ろうと、「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」という、条例の制定を検討していて、「18歳未満によるスマホやゲームなどの利用を1日、平日60分、休日90分までとする」という内容。

これにネットユーザーが大反発し検討委員会が内容を一部変更する事態になった。

変更後は「コンピュータゲームの利用は1日、平日60分、休日90分までとする」

(変更点:規制対象が「スマートフォンなど」から「コンピュータゲーム」に変更。ただ、スマホも義務教育修了前は午後9時、それ以外は午後10時に辞めることを努力義務とした)

私が思うこと

この時代にマッチしいていない条例に衝撃を受けました。

ネット上でもかなり話題になっていますが「依存」という言葉をつかってネットやゲームが害のあるようなイメージを与えようとしている気がしてならない。

例えば野球の大好きな少年がプロ野球選手を夢みて毎日何時間も練習している。

それを聞いて野球に依存していると思う人はあまりいないだろう。

今はプロのeスポーツ選手も存在しているのに、なぜゲームは依存するものとして規制対称にされなければいけないのかと思う。

別にeスポーツと切り離して考えたとしても私の意見は同じである。

ドラゴンクエストⅤという有名なゲームがある。

プレイしたことのある人になら共感してもらえると思うが、私はパパス(ゲーム内の主人公の父親)に父親というものの絶対的な存在を感じていたし、

結婚のイベントではビアンカ(主人公の幼馴染の女の子)かフローラ(お金持ちのお嬢様)どっちと結婚するかを本気で悩んだりした。

大げさな話ではなくゲームから学ぶものは沢山あった。

そして何よりゲームは楽しかった。

友達、兄弟、親戚、みんなで競ったり協力するのがとても楽しかった。

1時間なんて一瞬だった。

もちろんゲームが原因で喧嘩もしたりしたがその問題を解決しようとすることが子供の成長になるのだと思う。


少し感情的になってしまったが、この条例を考えた人は1度ゲームをやってみてほしい。

自分の子供、もしくは孫、なんなら一人でもいい。

1時間なんて本当に一瞬だから。