TOPICS トピックス
eスポーツ豆知識

東京eスポーツフェスタから見えたeスポーツとしてのポケモンGO

東京都主催によるeスポーツイベント「東京eスポーツフェスタ」が、1月11日、12日の2日間、東京ビッグサイトにて開催された。
お笑い芸人の霜降り明星や小池都知事も登場し会場は大いに盛り上がったという。
パズドラやモンストなどの定番タイトルだけでなく今回ポケモンGOの大会も競技として行われた。

ポケモンGOが競技タイトルとしてイベントに組み込まれたのはおそらく今回のイベントが初めてではないだろうか。

ゲット&バトルトーナメントと題され、予選は決められた時間内に指定されたポケモン20種類をいかに早くゲットできるかを競い上位16人がバトルトーナメントに進みその日捕まえたポケモンをまず対戦相手に6匹提示し、その中の3匹を使って対戦するという流れ。

私もポケモンGO愛好家の一人なのですが、実に考えられたルールだと思いまいした。

まず予選ではポケモンGOの基本であるポケモンをゲットする力を競い、そしてバトルトーナメントでは興奮すること間違いないトレーナーバトル。
特に面白いと思ったのはバトルの前に6匹のポケモンを相手に提示するところ。
ポケモンのバトルでは3匹対3匹なのですが、おそらく候補の6匹を提示しないですぐにバトルを開始するというルールだったらかなりギャンブル性が高くなってしまったと思う。
しかし先に6匹を見せ合うことで、そこから相手のポケモンの弱点や自分のポケモンの属性などを考えることが出来るので、より競技性が高くなったのだと思う。

ポケモンGOをプレイしてる人は知っていると思うがポケモンGOは幅広い年齢の人たちがプレイしている。
レイド戦(同じ場所に集まってレアのポケモンと戦いゲットするイベント)に足を運べば親子連れ、カップル、友人同士など、まさに老若男女である。

信じてもらえないかもしれないが私は早朝のレイドに行ったとき、かなりお年を召された老夫婦に出会った。
お孫さんと一緒にプレイしている方はよくいますが老夫婦だけなのは初めてだった。
「ゲームのあれはここで合ってるかい?」とおっしゃったので私は「ポケモンのですか?」
と聞いたら、やはりそうでした。
レイドのやり方を教えながら話しを聞いたら
娘と孫がやっていて自分たちもやりたくなった。歩くから運動にもなるし。とのこと。
別にほっこりした話としてではなくそれぐらいポケモンGOをプレイしている人は多いということです。

eスポーツと聞くとFPSや格闘ゲームを連想する人も多いだろうが、今回のイベントのように競技タイトルとして扱われるゲームが増えていけば、eスポーツに参加出来る人たちも増え、業界全体が盛り上がっていけばいいなと思います。