TOPICS トピックス
eスポーツ豆知識

チーム「Rising Sun Esports」 について

今回は、海外でたった3人の大学生が作り上げた日本のEsportsチーム、 Rising Sun Esportsをご紹介します!

「Rising Sun Esports」とは

Rising Sun Esportsは、2019年に創立され、日本を拠点に国際的に活動をする Esports 組織です。
日本の Esports コミュニティを世界へと発信することを目標として、様々なモバイルゲームタイトルの競技シーンで活動しております。

クラッシュ・ロワイヤルを始めとして、ブロールスターズ(ブロスタ)、ヴァロラントなど様々なゲームを主体に、各選手がトップレベルのプレイができるよう、サポートを行っております。
当チームは日本学生esports協会/Gameic様の公認団体としても活動しております。

代表について

Rising Sun Esports は KEI、 SHO 翔 と TaiGuy の3人が代表を務めております。
3人ともアメリカに在住しており、昔から3人でよくゲームを一緒にする仲でした。
高校の頃にクラロワを始めお互いにトロフィー数を競い合い、地元のオフライン大会に参加したことをきっかけとしてEsports に興味を持ち始めました。現在はアメリカの大学に通いながら、チーム代表として日々活動しております。

KEI

RoyaleAPI※ と GIZER ※の英語翻訳者。
様々なeスポーツニュースを発信している GalaxyNews のディレクターとしても活動。
2021年1月に、クラロワ日本代表チームのヘッドマネージャーに任命。
クラロワではアメリカ、ワシントンの代表チームの選手としても活躍。

SHO 翔

2021年1月に、クラロワ日本代表チーム責任者に任命。
RoyaleAPI※、GIZER※、KIX Teamの英語翻訳者。
OfGamers※元ディレクター権最高執行責任者に任命。
GalaxyNews元ディレクター。
モバイルeスポーツ講演会でのゲストスピーカー経験あり。
※RoyaleAPIはクラロワのデッキやカードの使用率、選手のバトル履歴や勝利と実績など数多くの統計を公開している攻略サイトです。
※GIZERはクラロワはじめ、様々なゲームタイトルの大会を開いている Esportsプラットフォームです。
※OfGamersはEsportsニュースを配信する団体です。(2020年12月にサービス終了)

TaiGuy

主にグラフィックを制作を担当。
Esportsのデザイナーにはこのようなお仕事があります。
・選手のTwitterバナー
・試合結果発表
・大会・イベント告知
・チームロゴ
・ロスター発表
・選手・スタッフ歓迎
・YouTubeのサムネイル
・YouTubeオーバーレイ
・その他の告知など
Rising Sun Esportsの今後の活動方針を決めるため、渉外役も担当。

「Rising Sun Esports」を立ち上げた背景

二人の代表、 Kei と SHO 翔 は当時イギリスのクラロワチームに所属しており、世界中の様々な大会に参加していましたが、海外のチームは沢山あるものの日本を拠点とするチームは全くないとことに気が付きました。
「日本にはトッププレーヤーが沢山いるのにも関わらず、彼らの実力を活かす機会がない現状を変えたい!」という熱い想いで、2020年9月13日にRising Sun Esportsをもう一人の代表TaiGuyも加え、大学生3人でチーム創立しました。

Rising Sun Esportsというチーム名は、海外では日本のことを “Land of the Rising Sun” と言うことと、「日本人プレーヤーの強さを世界に見せたい」という2点から付けました。
スローガンとしている 「First To Rise, Last to Fall」は、「日の出で一日が始まるように最初に上り、日の入りが一日の最後のように最後に落ちる」という、太陽に掛けながら強さを表すものとなっています。

始めたての頃は、集めたチームメンバーで、代表者も含め他の団体と交流戦を行っていました。
チームの管理は全て3人で行なっており、試合の日程決めや進行、SNSの管理などの作業を分担しながらこなしてきました。
アメリカと日本の時差によって、時には交代制で深夜や早朝に起き、交流戦の進行を行っていました。

少しずつ知名度も上がり、強い選手を少しずつ勧誘できるようになった頃、海外の大会に頻繁に参加するようになりました。
海外の選手とのコミュニケーションは、代表者が通訳としてサポートします。
強い選手・スタッフの勧誘、大会での好成績を積み上げていくうちに、わずか1年間で2000人以上のフォロワーを増やすことができ、さらにはクラロワの世界大会で日本代表を名乗れるレベルまで成長できました。
そこからクラロワで新しく2部門(韓国、北米)、加えて、ブロスタやValorantなどの別ゲームの部門も立ち上げました。

「Rising Sun Esports」の実績

チームとしての実績

2020年には合計優勝18回、準優勝17回、そして3位8回という好成績を残しました。
Team Warsや Clash Star League などの小規模な大会から、World Cup、 CRFR League、 SSG Cup、 GKR などの大規模な大会まで、数多くの大会で輝かしい成績を残しています。
様々なプロチームが参加していた SSG Cup にも予選免除で招待されました。
その大会ではプロチームの Dignitas 相手にフルセットまでもっていったものの、惜しくも破れトップ8フィニッシュとなりました。
過去には Rising Sun Esports が日本代表として様々な国際的な大会に出場しておりました。
すべての実績は http://risingsunesports.org/about-jp.html の実績タブから確認できます。

主な選手と実績

YUYA 元プロ選手
2020年 CRL Fall Season KIX Teamに所属しており、レギュラーシーズン3位を記録。
今年の一月CRL トップ8入り マンスリーファイナルに進出。

PANDORA 選手
YouTuberドズルが開催した「クラロワ最強決定戦」を優勝し、500万円の賞金を獲得。
マルチ 最多記録世界4位。

Starry 選手
マルチ 最多記録世界9位。

ぐりこ 選手
YouTuberのドズルが開催した「8000最強決定戦」を優勝し、200万円の賞金を獲得。
マルチ 最多記録世界2位と1位を記録。

Kou.h 選手
2018年の8月に行われた「クラロワ日本一決定戦」 ベスト8。

Tight アナリスト
2020年 CRLでプロチームの PONOSに所属しており、世界大会で3位を記録。
所属している全てのメンバーは http://risingsunesports.org/team-jp.html から確認できます。

Rising Sun Esportsは、プレイヤー・チームとしての大会出場だけではなく、大会運営もしており、Rising Sun League というクラロワの大会も主催しました。
こちらの開催経緯もチームを立ち上げた理由と似ており、「日本のアマチュア選手にもクラロワリーグに似た、チーム戦のリーグ大会に参加する機会を与えたい」という想いで始め、シーズン1は昨年の4月、シーズン2は昨年の11月に開催しました。
シーズン1は5v5 Conquest と、日本の大会では今までにはない勝ち抜け戦の形式を使用。
シーズン2は昨シーズンの参加者からの希望を受け、CRL形式に変更することになりました。
シーズン1にはMugi選手、YUYA選手、ぐりこ選手、Hajime選手、PANDORA選手。
シーズン2にはPANDORA選手、Hajime選手、JACK選手、Kitassyan選手など多くのトッププレーヤが参加してくれました。
両シーズンとも元プロチームからの選手が参加してくださり、配信者の協力も得て、大変盛り上がりのある大会となりました。
シーズン1では日本初のセミプロリーグということで、クラロワの公式Twitterに取り上げていただき、なんとゲーム内でも告知をさせていただきました。
シーズン2には多くの方に協賛して頂き、RoyaleAPI様、KIX Team様, League Pass様、Gameic様からもサポートしていただきました。

※こちらは大会当時のRising Sun Esports 旧ロゴを使用しております。

今後の発展について

現在日本のEsports業界は海外と比べ、まだ盛り上がりに欠けています。
可能性を秘めた日本人選手が沢山いるので、言語が分からないだけで海外の大会に参加できないことに、非常にもったいなさを感じます。
Rising Sun Esports は日本と世界の架け橋となるように活動してます。
通常は言語の壁があり世界中の人々と交流するのが難しいですが、当チームには英語、日本語、中国語、韓国語、スペイン語など、複数の言語を喋れるスタッフがいるため、世界中の大会などに参加し、日本のコミュニティーを世界に広げることができます。
ゲームが得意でない方も運営で試合進行したり、試合の様子を配信したり、様々な形で貢献することができるため、自分の好きな形でEsportsを楽しむことができます。

私たちRising Sun Esportsは、ここまで沢山の人々の支えがあったからこそ成長することができました。全ての選手とスタッフに感謝してもしきれません。
今後もチームをさらに強化し、沢山の実績を残していきたいと思っております。

これから更に様々なチームや組織とパートナーシップを結び、他のタイトルにも展開していく予定もありますので、是非 Twitter などのフォローをよろしくお願いします!
応援メッセージなどツイートするときは「#RSWin」を使用していただけますと嬉しいです。